三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューが中心のエンタメ系ブログ

©2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC ALL RIGHTS RESERVED

【ジョン・カーニー監督:音楽3部作②】『はじまりのうた』──見たあと、なにかはじめたくなる。

投稿日:2018年3月18日

 

 『ONCE ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督による音楽3部作(勝手に命名)の第2作『はじまりのうた』は2013年のアメリカ映画(他の2作には入っている“アイルランド映画”のクレジットが今作にはありません)、日本では2015年に公開されました。

 私が住んでいる地域ではたしか3月下旬あたりからの公開で、自分は4月5日に観に行ったのですが、もう最高でした! 寒い冬がようやく終わって暖かい春になり(こちらは雪国というほどじゃないけど1年の半分はスタッドレスタイヤを履かせる地域)、木々が日ごとに緑が増していく──そんな新入生や新社会人といった、新しい生活をはじめた人がそこかしこにいる中、とくに大きい変化のない生活をしていた自分にも(笑)、人生に何か新しい出来事が起こるかもしれないという期待感を抱かせてくれるような、そんな映画でした。

 

物語の舞台もキャストも華やかに

 

 前作『ONCE ダブリンの街角で』は、アイルランドのダブリンを舞台とした物語で(次作『シング・ストリート 未来へのうた』もダブリンが舞台)、監督の元バンド仲間でプロのミュージシャンであるグレン・ハンサードと、当時はまだ10代だったシンガーソングライターのマルケタ・イルグロヴァという、ともに役者ではない二人が主人公でした。

 それに対し、今作『はじまりのうた』は、主演のグレタ役にキーラ・ナイトレイ、ダン役にマーク・ラファロ、グレタの恋人デイヴ役にマルーン5のアダム・レヴィーン、そしてダンの娘バイオレット役には、今やすっかり売れっ子のヘイリー・スタインフェルド(個人的には“テイラー・スウィフト一派”という印象が強いものの、この映画のおかげで好感度は上がってきています。 笑)といった豪華な顔ぶれとなっています。

 また物語の舞台が夏のNYということで、人も街もエネルギッシュで活気に満ちています。夜のクラブ界隈も、昼のダウンタウンも、幾つもの公園も、地下鉄のホームも、眺めのいい屋上も、どこもかしこも素敵に見え、何かが起こりそうな、何かがはじまりそうなワクワク感があるところが前作と大きく違うところです。

 前後作がともに(少なくとも本人にとっては夢を叶えられる街ではない)ダブリンでの話なので、コントラストの違いで尚のことキラキラして見えます。オープニング・クレジットが入る場面、ダンが車を走らせているときの映像だけで気分が上がってきます。

 

魔法を信じるかい?

 

 グレタとダンが出会う重要な場面(バーでグレタが歌うところ)が計3回出てきます。

 最初は客観的視点としてオープニングに。

 2回目は最悪の一日を過ごしたダンが、夜にバーへやってきてグレタの歌を聴くまでを。

 この、ダンがグレタの歌を聴くシーンはカーニー監督お得意の「魔法」ですね。

 そして3回目は、メジャーデビューするミュージシャンの恋人・デイヴと共にNYへやってきたものの、彼の浮気が原因で滞在していた高級アパートを飛び出し、旧友で売れないミュージシャン・スティーブのところへ転がり込んだグレタが、夜にバーのステージで歌うスティーブに付き合って、バーへ出かけたことでなぜか自身が歌うことになる──というところまでを。

 この流れは、同じ地点(グレタが歌うところ)にダンとグレタの二人が、どのようにして辿り着いたかを説明するためのものでしたが、その切り替わりや繋ぎが実に自然で、まどろっこしさとか中弛みするようなことは全くありませんでした。ダンのシークエンスからグレタの回想に入っていくあたりはむしろ巧いなぁ~と。

 

スポンサーリンク

 

 先ほど書いた監督お得意の「魔法」についてすが、まず『ONCE ダブリンの街角で』『シング・ストリート 未来へのうた』の2作での「魔法」については、それぞれのレビューのほうに書いていますのでそちらもほうもよろしければぜひ。

 ジョン・カーニー監督の映画でとにかく素晴らしい!と思うシーンは、何と言っても、ギター1本で静かに始まった「歌」が、少しずつバンドの音が重なってきてひとつの「曲」になっていくときの高揚感でしょう。これぞ「音楽の持つ魔法」といった感じで、3作通してこれらのシーンは個人的に叫びたくなるくらいに盛り上がります(笑)。

 今作では、傷心のダンがグレタの歌う『A Step You Can't Take Back』に引き込まれ、頭の中でバンドサウンドのアレンジが再生されていき、ドラム→ピアノ→チェロ→ヴァイオリン…と音が次々重なっていくシーンがそれで、映画を見ていてこの場面に突入したとき(だいたい上映から20分くらい)、「あぁ、この映画は間違いないわ」と確信したのでした。

 またダンとグレタがお互いのiPhoneに入れているプレイリストを、スプリッターを通してそれぞれのイヤホンで同時に聴きながら、夜のNYを練り歩くシーンも非常に素晴らしく(というかこの映画は素晴らしいところだらけなんですが 笑)…。

 最後に二人が腰を下ろしてダンが「音楽の魔法」について語る場面では、カメラは“そこにいる者”の目線となり、誰かと外で話しているときの視線のように、横切っていく色々なタイプの人にピントを次々と移していきます。

 NYという街の持つ多様性──人の数だけ違った人生があり、どの人生にも音楽は寄り添っていくもの──といったことを表現しているような気がして好きな場面です。

 警察官と連行されていく男、電話しながら歩く若い女性、BMXに乗る若者、インド風?の服を着た3人組、ヒョロッとした背の高いメガネの若者、どの人たちもこの街の中の一部であり、自分たちと同じく今この瞬間を生きている誰か、です。

 

愛すべきバンドメンバー

 

 スティーブ以外、ストーリーに深く食い込んでくることはないものの、“街角レコーディング”に参加するミュージシャンたちが、これまたいい味を出してるんですよね。スティーブ役のジェームズ・コーデンは、あのポール・ボッツの人生を描いた『ワン チャンス』でボッツ役を演じている人です。なるほど、どうりで漂ういい奴感(笑)。

 『ワン チャンス』はどこまでが実話なのか分かりませんが、彼女の存在がとっても良かったです。偉いっていうか何というか、お似合いのカップルでほっこりします。

 そしてリズム隊はやはりプロの本物をということで、かつてダンが見出した「世界中にtwitterのフォロワーがいる」らしいヒップホップ界のスター、トラブルガムを頼ってスゴ腕を調達。

 ここでも見ていて気持ちがいいのは、スターになった今でもトラブルガムはダンへの恩を忘れておらず、たとえ今は落ちぶれていても彼はリスペクトされるべきだと本気で思っているところです。ベースとドラムへのギャラも彼が払うことにしますが、そんなの当然だと言い切ります。

 ちなみにだいたいの男は基本的にこういう話が大好きです(たぶん)。

 バレエ教室の演奏(バイト?)中に誘いを受けて即決して出ていくピアニストのザックもノリが良くて面白いし、あとは何といってもヴァイオリンとチェロの姉弟がいいです。どっちも垢抜けてないんだけど(とくに弟マルコムの、“夏のおじさん”風の半ズボンに普通の靴下っていう組み合わせときたら…)、よく見ると美男美女(とくに姉のレイチェルはいい女だと思うw ちなみに結構な割合の男はこういう女が大好きです。たぶん)で、屋上で妙にノリノリになってるマルコムや、レコーディングが終わったあとのパーティでハジけちゃってるレイチェルがやたら可愛く見えます(笑)。

 

魔法を信じ続けるかい?

 

 この“街角レコーディング”のシーンはどれもこれもすごく素敵なのですが、とりわけ屋上でのセッションは曲の良さも相まって(同じ言葉を何度も使い回して恐縮ですが)素晴らしいの一言に尽きます。バイオレットが弾くギター、もう最高っす。巧いか下手かとか、そんなこっちゃねーんだよ!っていう、ロックの初期衝動とは何ぞやーっ!っていうものを凝縮したようなあのアウトロ…。あぁもう最高。お向かいに住む男性からの罵声すらも心地よく聞こえてきますw

 この屋上での曲『Tell Me If You Wanna Go Home』は、サントラでは通常のものと“ルーフトップ・ミックス”の2バージョンが収録されているのですが、私がプレイリストに入れて主に聴いているのはもちろん“ルーフトップ・ミックス”のほうです。なお映画のセッションそのものの音源ではありませんので、お隣さんの罵声は入っておりません(笑)。

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信主筆・K

ブレラン2049っぽいのか007っぽいのかわかりませんが1文字にしてみました。三崎町三丁目通信の主筆(一人しかいませんがw)をしておりますKでございます。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-ENTERTAINMENT
-

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2018 All Rights Reserved.