映画『グッバイ、レーニン!』──ドイツ再統一で「東側」の人々が得たものと失ったもの【ダニエル・ブリュール&あの映画の美少女】

ENTERTAINMENT

 私は92年に『ポンヌフの恋人』を観てからレオス・カラックスの映画にドハマりしてしまったので、99年の『ポーラX』から2008年のオムニバス映画『TOKYO!』までの空白期間はたいそう長く感じられたのでした。

 そんな時期に公開されたこの『ツバル』は、いわゆる“アレックス青春三部作”の最後である『ポンヌフの恋人』以降見ることのなかったドニ・ラヴァンが主演ということで、そりゃあもう喜び勇んで観にいったわけです。そしてそこでヒロインを演じていた美少女がチュルパン・ハマートヴァだった、というわけなのですね。

当時のチラシ。サイズも含めて全体に可愛い作りです

当時こういった特集が組まれたりしました。(紙が歪んでてすみません)
2020年4月現在、この業界も非常に厳しい状況にありますがミニシアター文化が今後も残ってくれることを切に願います。

 『ツバル』はなんとも不思議なおとぎ話のような世界観でなかなかのオススメ映画ではあるのですが、2020年4月現在、配信などもされていないようですし見る機会があまりなさそうなのが残念なところ。

 なおチュルパン・ハマートヴァはロシア連邦・タタールスタン共和国出身のタタール人(名前はタタール語で「明けの明星」という意味)だそうですが、タタールといえばフィギュアスケートのアリーナ・ザギトワもタタール系らしいですね。そう言われてみると『ツバル』の頃のチュルパン・ハマートヴァは結構ザギトワっぽいかもなー、と思えてきたりして。

『ツバル』パンフレットより

こちらもパンフレットから。
輪郭とかけっこう似てるような…

 

 まぁ要するに可愛いということですね(笑)。

 あとアレックスの姉アリアネ役の方も、若い頃(今も若いけど)のブリー・ラーソンみたいな顔で可愛いんですが、他に日本で見ることができる出演作はなさそうでした。

© 2003 Sony Pictures Classics. All rights reserved.

 そして母クリスティアーネ役の方については、この人はどこかで見たことがある! と思って映画を見ていたんですが、調べてみたらこちらも他の出演作は知らない映画ばかり。。

© 2003 Sony Pictures Classics. All rights reserved.

 ふたりとも旧東ドイツの出身とのことで、その辺は役に説得力があって「なるほど」という感じなのですが、主演のダニエル・ブリュールはドイツ人ながら生まれはスペインのバルセロナなので、果たしてアレックス役を演じるうえでの説得力という意味で本国ドイツではどうだったのか、気になるところです。父親がドイツのどこの出身だったのかにもよるかもしれませんね。

 

 それと最後に、かなりどうでもいいことですが見ていて気が付いたので…

 オープニングで表示される出演者の名前は基本的に全て大文字表記だったのですが、「i」だけ小文字になっていました。

 これはどんな意味があるんだろう…と思ってみていたんですが、おそらく原題『GOOD BYE LENIN!』「!」とかけて、そのエクスクラメーションが逆さになったような「i」だけ小文字にしたのではないかと。他にもっと大きな意味があったりしたらすみません(笑)。

 

映画とドラマのレビュー一覧はこちら(更新日時順)

 

月の裏側へ逃れたナチスが2018年、ついに地球へやってくる!? 『アイアン・スカイ』のレビューはこちら

【総統閣下シリーズ】映画『アイアン・スカイ』──笑える部分と笑えない部分について【ディレクターズ・カット版】
...

 

レオス・カラックスの『ポーラX』について、かなり暑苦しく書いたレビューがこちらです(笑)

【レオス・カラックス】映画『ポーラX』──公開から20年。①映画と原作となった小説との関連について【本棚通信⑦】
...
【レオス・カラックス】映画『ポーラX』──公開から20年。②原作・関連書籍も絡めて振り返る【本棚通信⑧】
...
【レオス・カラックス】映画『ポーラX』──公開から20年。③「感想、または諸々の曖昧さ」【わが心のイザベル】
...
【レオス・カラックス】映画『ポーラX』──公開から20年。④「尊き天使(みつかい)と悪しき天使、そしておわり」【さよならカテリーナさん】
...

comment

タイトルとURLをコピーしました