【MBTI】自己啓発っぽい話①──人を頼れないINFJが溜め込んだ感情を解放するには【実体験も】

TOPICS

 INFJの心理機能は上からNiFeTi、そしてSeです(内向的直観、外向的感情、内向的思考、そして外向的感覚の4つ)。

 心理機能については今までいろいろ書いてきましたのでそれらを読んでいただければと思いますが(個人的な意見も多いので正しいかどうかは断言できませんw)、それぞれの役割をめちゃくちゃざっくり書くと、

 

Niは未来予測、現実として目の前に現れていない物事も含めて様々なものをキャッチし、その意味を見つける機能

Feは周りの人の感情を読み取り、調和を作ろうとする機能

Tiは内省をもってそれが正しいのかどうか、理に適っているのかどうかを詰める機能

Seは今起きていることを正しくスピーディに認識し、適切に対応する機能

 

 といった感じでしょうか。

 今回はそういった機能を上記の順番で持っているINFJならではの(というほどではないかも…)悩みというか精神面で抱えやすい問題についての対処法とか解決法みたいなことについて、やや自己啓発っぽい内容で書いていこうと思います。当初はひとつの記事として書いたのですが、前半と後半とで別の話になってしまったので2つに分けて投稿しました。

 

 

 INFJ4の機能がSeということで、その裏側にある第8機能はSiになります。第5~第8のシャドウ・ファンクションについてはいろいろな解釈があるようですが、そこも含めて考えるとややこしくなるし説得力にも欠けてくるので、とりあえず「ない」ものとして扱うことにします。(少なくとも現時点では)

 このSiが発達している人は、過去の経験や習慣などをよく覚えていて「原因」と「結果」の因果関係を「過去」から「現在」への時間の流れから導き出して答え合わせをするのが得意なタイプなのだろうと思われます。回りくどい言い方をしていますが要は実際に起きた出来事を根拠に物事を判断するのが得意……まぁ普通に考えたらこれは当たり前ちゃあ当たり前なのですが。。。

 ……がしかしINFJはこのSiがなく、さらに主機能がNiであるために「過去」と「現在」とで答え合わせをするということをあまり好きではなかったり、もしくは得意ではないように思われます。

 Niが主機能のINFJの頭の中を強烈に支配しているのは「未来」です。

 過去に起きたこと/今起きていること/これから起きるであろうこと……そのどれであっても、それが将来どういう結果を引き起こすことになるのか──という未来予測がINFJにとっての「答え合わせ」なのかもしれません。

 常に先回りして未来に起きる(かもしれない)ことをシミュレーションし、その導き出した予測に謎の信頼を持っています。まぁどちらかというと悪い出来事が起きる予測への自信であることが多いのですが()

 答え合わせの結果が未来のことなので当然それを今証明することはできませんが、本人にとっては信じるに値する根拠が存在し、また散々シミューレーションをして出した予測であるため「そうなる確率のほうが間違いなく高い」と信じています。Niを持たない人やNiが劣等機能にある人たちからすればただの馬鹿、もしくはあたおかですが、彼らの意見もあながち間違ってはいないと思うのでとくに反論はしません(笑)。

 

 

 で、このSiを持たないこと&Niによる超未来志向」によってINFJの内面で何が起きるのかというと、それは

 

過去への執着が年々希薄になっていく

 

 ということです。若い方々はまだそこまでこのことを感じることはないかもしれませんが、年をとっていくとこの傾向が本当に強まってくるんですよね。。

 例えば「執着」というよりは「囚われ」になるのかもしれませんが、内に抱えた負の感情ということでいうと、過去のトラウマ云々に関しては人それぞれ経験の度合い、感じ方の度合いが違ってくるとは思われるものの、少なくとも「死にたくなるほどの辛い経験」とかじゃなければ、そのときの心の傷や怒り、憎しみなどの感情は本人も驚くほど薄くなっていくものです。

 もちろんこういったことはINFJに限らずどのタイプにも言えることなのでしょうけど、INFJの未来志向と精神世界方面への関心の高さがより一層、過去への執着を薄くさせているのではないかと、私は思っています。(そしてあたおか路線への加速もw)

 そんなわけで今現在、過去の辛い記憶にずっと囚われて苦しいんです──という人に対して言いたいのは、

 

もっと時間が経てば気にならなくなるくらいまで薄まってくるので「いまの辛さはいずれ消える」という事実をまずは信じてみてください。

 

 ということ。ずっと続くわけじゃないと分かっているだけで気持ち的にはずいぶん楽になれるものです。

 

 

 Si主機能の人たちは昔のことをとてもよく覚えているようです。ある意味Siから一番遠いところにいるようなINFJにとって昔のことはそこまで重要ではなく、過去へのこだわりや執着は16の性格パターンの中でもトップクラスに薄いんじゃないかとも思います(最高位ではないと思っていますけど)。真面目なタイプのくせに、日々コツコツと地味な努力を積み上げて成果を得るという行為は苦手、というのはそういうところにも理由があるのかもしれません。努力というものを評価しつつも、変革するには一発逆転を狙っていくタイプとでもいいますか(笑)。

 またINFJFe上位タイプのため他者の感情に敏感で、周りに大変そうな人がいるときに自分が楽しそうにしていたり楽している姿を見せることに激しい抵抗を感じます。自分も我慢しているんだけど誰かが我慢して辛そうにしていると、その人よりもちょっとだけ余計に辛さを引き受けようとする傾向があります。自分は自分の仕事を一生懸命にやったからこの時間に終わったのに、チンタラ仕事していた人が時間内に終わらなくて残業となっている状態でも「自分が手伝わなきゃいけないような空気」を勝手に受信して自分も残業してしまったりすることも……。

 その反面、自分が辛いときに誰かに手伝ってほしいと頼むのがものすごく苦手で、手伝ってもらうどころか悩みを打ち明けることすらしないので、とかく気持ちを溜め込みがちです。解説などで「INFJがストレス状態にあるときには、暴飲暴食に走ったりする」などと書かれているのもそういうところからくるのでしょう。溜め込んだストレスを発散する方法を持たず、また発散するときに誰かに迷惑がかかるのを気にするので自分だけで完結する暴飲暴食という手段に走りやすいのではないかと。

 日々の些細なストレスであれば休みの日の過ごし方によってそれなりに発散させたり、遊びや趣味などでガス抜きすることはできますが、人生の中で直面する辛い出来事や怒り、憎しみなどといったものは解放するのが難しいだけでなく、溜め込むと心身ともに病んでしまうものです。

 

 

 それをどうするか、というのが今回の内容になるのですが、ここでは3つ提案していきます。

 まず最初のひとつが、最も消極的な方法となりますが先ほども書いたように「この感情は永遠に続くものではない」と認識することです。風船が時間が経つにつれ穴を開けなくても少しずつしぼんでいくのと同じようなものです。

 いずれ消える、いずれ気にならなくなるまで薄まるということが分かっていれば「しょうがねぇからじゃあ今はこの感情にどっぷり浸ってやんよ!」と開き直ることもできるはずです。

 そして面白いことに、その感情に浸りまくっていると、ある地点までいったときに突然その辛さや痛みに飽きて「あ、もういいや」と吹っ切れるときが来たりします。この

 

「今の感情に浸りまくることを受け入れ、それを実践していたらある日突然飽きた」

 

という感覚を一度体験してみることをお勧めします。一度体験すれば次からはそれが経験として根付きますので。

comment

タイトルとURLをコピーしました