三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューや外国語学習についてのブログ

© Mortal Engines

映画『移動都市/モータル・エンジン』──やたらと感じるスター・ウォーズ的な要素と、主役は誰なんだ問題

投稿日:

 映画館でチラシを見て気にはなったものの結局観ずじまいだったこの『移動都市/モータル・エンジン』

 

 Netflixamazon primeでリストに入れていたままだったのですが、今回ようやくの鑑賞となりました。

 ちなみにこれを見た前日に『タイムトラベラー』という映画を見ていたのですが、なかなかのがっかり作だったのでレビューを書く気にもならず、気を取り直して次に選んだのがこちらだったのでした(笑)。もしこれが今イチだったとしても『タイムトラベラー』よりはマシだろうということで……

 

で、どうだったかというと。。。

 

 

 うーむ。。。微妙…(笑)

 

 

 チラシや予告編などから連想される、近未来ディストピアな世界観とスチームパンク的な造形の数々。

 ピーター・ジャクソンをはじめとした『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『ホビット』シリーズの製作スタッフによる作品ということ。

 そして『マトリックス』シリーズや『Vフォー・ヴェンデッタ』ヒューゴ・ウィーヴィングが出演しているということで、個人的には期待できる要素が多そうに感じたこの作品なのですが…。

 

 

 実際、映像面に関しては『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』シリーズを作った人たちならではの、冒険小説の壮大な世界を見事に映像化した素晴らしさを堪能できますが、舞台設定の壮大さに対してキャラクターの設定や扱いが雑というか、全体的に対象年齢もやや低めの映画なのかなぁ、という感想となりました。

 

 というわけで、その辺についてグチグチを書いていこうと思います(笑)。

 

 

序盤はイケてた

 映画のタイトル『Mortal Engines』が表示されるまでの展開はなかなか良かったと思います。

 

 わずか60分で文明を荒廃させた最終戦争の後、残された西方の人類は移動型の都市を作り出したが、それは他の都市を駆逐し「捕食」して奪うことで生きてゆくというものだった。そんな弱肉強食の世界となった未来のヨーロッパを巨大な移動都市『ロンドン』が支配していた──

 

 

 移動都市………既視感という言葉は頭から切り離しましょう(笑)。

 

 

 機械や武器、乗り物などが銅(カッパー)で作られていて、蒸気機関のようなものを動力としている所謂「スチームパンク」的な造形。好きな人にはたまらない世界観だと思いますが、胸を張ってスチームパンクと言ってしまうにはちょっと詰めが甘いというか…。

 もしそうならシュコーシュコーと空気を送るアコーディオン状のあれ(単語が出てこない…w)とか、ゼンマイ仕掛け風のガジェットが出てきてほしいところなんですけど、この映画の世界観を象徴するようなブツが移動都市以外になくて「うはww カッケェ〜! それ超欲しい!」と思わせるような武器や小道具なんかが出てこないんですよね。

 それに飛行艇とか戦闘機?が何の動力で動いているのかが全くの謎なんですよね。あんな浮き方や飛び方は反重力装置によるものとしか思えません(笑)。

 

 まぁ別にいいんですけど。

 

 移動都市「ロンドン」は正面に大きなユニオンジャックのペイントが施されていたり、最上部にはセントポール大聖堂ビッグ・ベン大英博物館など「現実のロンドン」に実在する建物が、特徴はそのままにミニチュア化されて建てられているのがおとぎ話っぽくて良かったです。こういうところはいいと思いました。全くもって嫌いじゃないです。

 また庭園なども一丁前にこしらえてあって、そこを小さな車なんかも走ってたりするのがなかなかカワイイのですが、でも移動都市「ロンドン」のスケール感と、建物や人の縮尺なんかを考えるとやっぱりサイズの辻褄が合わなくね?w と思ってしまったりもしたのでした。

 

 んなこといちいち気にすんなよってな話です。ついでに言ってみただけです(笑)。

 問題はそこじゃないんです。

 

© Mortal Engines
特徴的な部分だけをそのままに

 

偉大なる大英帝国様のお考え

 監督をはじめとした製作陣のほとんどがニュージーランドの白人というこの映画に、一体どういう理由でこんな描写を入れてきたのか謎ですが、この映画で描かれる「ロンドン」の人間の行いや考え方は、かつての(と過去形にしていいのかどうか…)支配者であったアングロサクソンたちの思考と行動そのものであり、大航海時代から先の大戦まで、有色人種の土地や資源を虐殺によって奪い、原住民を奴隷とし、全てを支配しようとした悪魔のようなヨーロッパ人と何ら変わりありません。

 

「有色人種は人ではない」

「聖書には“人を殺してはならぬ”と書いてあるが“獣を殺してはならぬ”とは書いていない」

 

 こういった考えのもとで行われた侵略と支配がどれほど凄惨で狂気じみていたものであったか、ご存知ない方はぜひ調べてみてください。想像しただけで吐いてしまうかもしれません。そんな悪魔どもが歴史の教科書では偉人扱いという事実…。

 

 彼らには「和を以て貴しとなす」という、私たち日本人が持つ価値観は存在しないのでしょうか。

 話し合いとか交易などは全く考えずに、欲しい土地・欲しい物は「戦って奪う」のが当然という価値観で生きているから、「ロンドン」の上層階で見ている住民もあのように大喜びしていられるのでしょうか。

 そんな恐ろしい連中とは一体どんな野蛮人なのかと思ったら………なんとそいつらは皆、上層階に暮らす富裕層の「紳士・淑女」だったのです。

 

 これはもう「私たちアングロサクソンとはこういう生き物なのです」とカミングアウトしているようなものではないですか。。。

 

 そんな「ロンドン」の上層階に住む富裕層・支配層のクズさを清々しいまでに描いていることから、てっきりこの映画は

 

 

「私たちもそんな彼らに虐げられてきたのです」

 

 

 という、有色人種側の目線に寄り添ったかのような視点で作られているのかと思いきや、どうもそうではないようで……

 

 

 支配していた上層部連中は、壊滅し移動不能となった「ロンドン」から出てきて、今さっきまで征服しようとしていた東方の人たち(=アジア人)のところへ、しおらしくとぼとぼと歩いていきます。

 

 するとどうでしょう。「楯の壁」の内側・反移動都市のクワン総督(仏教の高僧風)が手を差し伸べ、彼らを許し迎え入れたではありませんか。

 

 

これまで散々破壊し、奪い、飲み込んだ都市の人々を奴隷としてきた「ロンドン」の行いは、全て上層部・上流国民がやったことである。

その非情な行いを私たちは煽り喜びながら見てきたが、実際にやったのは彼らであって私たちではありません。

だから負けた私たちをあなた方(東方の者たち=アジア人)は好意的に受け入れなさい。

そうされることは偉大なる私たち大英帝国(移動都市ロンドン)の人間にとっての当然の権利なのです。

 

 

 とでも言わんばかりの厚かましさ(笑)。

 

 しかもそんな「ロンドン」の住人の中に「正しい行いをする者」をちらほら混ぜておいて、最後に難民風情でとぼとぼ東方の街へ向かうときにその「正しい人たち」(サディアスの娘であるキャサリン・ヴァレンタインやチャドリー・ポムロイ博士など)に先頭を歩かせることによって、

 

 

さも受け入れてもらうことが正当の権利であるかのように描く

 

 

 という姑息さまで持ち合わせていたりします。

 

 いやいや、その後ろにいる連中は奴隷にして働かせてた人たちばかりじゃねぇだろ、っていう。

 

 そういうのは虐げられた側の人たちが作った映画の中でやってこそ初めて意味があるのであってね。

 

 あんたらがやっても

 

 

「お前が言うなw」

 

 

 ってことになるだろっつーの(笑)。

 同じ人種間での上下関係なんて知った話じゃないけど、こういうところに出てしまうもんですね。アングロサクソンが持っている特権意識ってやつが。

 いや、まぁこちらも彼奴らをアングロサクソンと一括りにしてしまっていいのかといえば、それはそれで問題かもしれませんけども。

 

 反移動都市の人たちが正しい選択をして受け入れてくれた──っていう「アジア人上げ要素」を入れて誤摩化してるけど、お前ら結局誰も反省してないし報いも受けてねぇじゃねーか。

 

 

出演者について

 というわけでこのあとも突っ込みが続くので(笑)、間にちょっと緩衝材として出演している俳優についての小ネタを挟んでおこうかと…。

 

© Mortal Engines
こうして見てみると頼りになりそうな印象も…

トム役の人

 こちらは同じく(?)やや対象年齢低め&中年にはややがっかりな映画だった『シャドウハンター』に出ていたロバート・シーハン。ニコラス・ケイジ主演の『デビルクエスト』にも出演しています。

 一見ナヨ系で頼りなさげなキャラ、という役での需要がある人なのでしょうかね。案外こういう人が突然筋トレに目覚めてマッチョになったりしそうですが(笑)。

 

 

© Mortal Engines
こちらはほとんど「声の出演」レベル?

シュライク役の人

 「シュライク役」といっても、基本人造人間なので写真や回想シーン以外でその姿を見ることはありませんが、演じているのは『ドント・ブリーズ』での恐怖の盲目マジキチじじい役でおなじみのスティーブン・ラング。

 私は『アバター』を見ていないのですが『アバター2』『アバター3』が作られるそうですね。大佐役で出ているらしいのですが、見てないのでわかりませんw

 さらに公開予定などもろもろ未定のようですが『ドント・ブリーズ2』も製作予定だそうで…ホントかよw

 

チャドリー・ポムロイ博士役の人

 『ロンドン』内に生息する数少ない(?)善人役のひとり、チャドリーを演じていたコリン・サーモンは多くの映画に出演されているようですが、個人的に「あー、あの人ね」とすぐに分かるのがこちら。

 

 

© 2002 - Screen Gems - All rights reserved
シリーズ通して最大の見せ場

 

 

 そう、『バイオハザード』でサイコロステーキにされたあの方です。

 シリーズが進むにつれてつまらなくなっていった『バイオハザード』ですが(そもそもゲームにいないキャラが主人公な時点で…)、やはり『バイオハザード』と言えばサイコロステーキと言っても過言ではないほどのインパクトがありました(笑)。

 あとは『バイオハザード2』のジル・バレンタインですかねー。このシリーズに関してはミシェル・ロドリゲスでさえも割とどうでもいい役で終わっていましたし

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信

三崎町三丁目通信の主筆・Kです(個人運営ですが)。映画の感想を中心に、趣味で続けているスペイン語学習(DELE A2取得で止まっています)と最近始めた英語学習のことなどを書いています。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-ENTERTAINMENT
-,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2020 All Rights Reserved.