【MBTI】海外のネット界隈でのINFJのドヤり具合が気になる件【思い上がりと自己肯定は別】

TOPICS

いやお前もだろ!

 

 とツッコミを入れられるかもしれないので最初に言い訳wしておきますと、自分のブログといういわば自宅でただつらつらと書いている人(自分)と、人のコンテンツ(いわばその人の家)に出張っていってドヤることとは全く違うのです。ということで(笑)。

 

 

 MBTIのことを知ったのは1年ちょっと前なんですが、診断結果がINFJINFP(しまいには日本のサイトでISFJと出たこともあります)とで割れたのでモヤモヤし、心理機能についても色々調べてみた結果、自分がINFJであることが分かりました。

 そしてどうやら私はわりと典型的なINFJの特徴を持っているようなのですが、エニアグラムについては5w4(4w5と出ることもありましたが)ということで、思考型で興味のある分野の知識を得たいという欲求がすごく強いタイプらしいです。ってかこれはバリバリに自覚があります。この5w4はINTJやISTPなどに多いタイプらしいです。

 だからINTJやISTPに対しては基本的に好感を持っていて、本当はあんな性格になりたかったという気持ちも多少あったりします。(ただし羨ましいという感情はありません)

 INTJやISTPというと、自身の得意分野に対しての絶対的な自信と強さみたいなものがあり、また周りにへつらうようなことをしない、という印象があります。

 そこに意識が向かうということは、要は自分の中にあるそれとは逆の要素、つまりFe上位としての振る舞いが嫌い──というなのでしょう。(前にも書きましたがFe上位であることの良さもあるということは分かった上での意見です)

 INTJの代替機能(第3の機能)はFiなのでFeは第7の機能、いわゆるトリックスターと呼ばれる位置にあります。またISTPは劣等機能(第4の機能)がFeなので、こちらも基本的にはFeをうまく使えないというか、あまり使いたいと思わない機能。なのでどちらも周りの感情、反応を気にして風見鶏的行動を取るようなことをよしとしないタイプです。

 

 

 私はとあるスポーツを子どもの頃からずっとやってきた関係で進路もそれによって決めたのですが、入った高校は男子校でした。楽しくもありましたが、一言でいえばガラの悪いところで暴力は日常的に周りに存在する世界でした。入学後の最初の集会で3年生がウロウロと体育館内を歩き回っては気に入らない新入生に次々と蹴りを入れる光景はなかなかのインパクトでした(笑)。

 そういう世界に生きていると、よほどの事情でもない限りそれなりに身を守る強さは身につけるものです。

 ですがそうは言ってもINFJなので人の感情に敏感で、この先に起きることを予測しては一足先に頭の中で体験する(これはNi)ということをしてしまうので、ついついビビり体質が顔を出してしまことも…。そしてそんな自分の弱さをすごく嫌だと感じていました。今ならそれがFe気質からくるものだったことが分かります。

 自分がINFJだということを知ったことで、それまでずっとコンプレックスに感じていたことや気になっていた自身の特徴についての根拠が分かって気が楽になり、自己肯定も出来るようになりました。また自分がFeelerでもThinkerでもSensorでもなくiNtuitiveであると判明したことは自分自身すごくしっくりくるものでもありまでした。

 やっぱり自分ってちょっとおかしいんだろうか…と思っていたのが「おかしいかどうかはともかく、そういう機能を持つ人間であるというだけで、それがいいとか悪いとかいうことではない」と認めてもらったような、そんな感じ。

comment

タイトルとURLをコピーしました