三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューや外国語学習についてのブログ

【元気?】かんたん! スペイン語の基本会話 No.005【挨拶・自己紹介】

投稿日:2018年9月26日

 

共通

画像の中の文字で、黄色い箇所が強く発音するところです。

(文脈によって多少変わることもあるので常にこうなります、というわけではありません)

また、スペイン語では感嘆文や疑問文の場合、文頭に逆さまのびっくりマークやクエスチョンマークが入ります。

 

 

その5 「元気?」

 

¿Qué tal?

ケ タル?

(元気?)

 

 

ここの「L」も「Hola」のときと同様、英語の「L」と同じように舌先を上の歯の裏側につけるようにして音を出します。「ル」と(舌先を歯の裏につけながらの)「ウ」の中間みたいな音になります。日本語の「ル」みたいに唇を前に突き出すような音ではなく、最後に口が少し開いている状態になっていればOKです。

 

 

エリ
おまけ

一般的に「オラ」とセットにして「オラ、ケタル?」とか、すっかりくっ付いて「オラケタル?」みたいに言うことが多いです。

 

「オラケタル?」と言う場合は、イントネーションの強弱はあまりつけずに、どちらかというと「タ」のあたりを強めにして「オラケタ~ル?」みたいな感じで言う人も多いような気が…(ペラペラの方からツッコミ入りそうですが…)。まぁ、言い方は人それぞれなんでしょうけどね。同じ「やぁ、元気?」でも、筋金入りのスケベおやじが言うと「オラケタァァ〜ル?」みたいなねっとりした言い方になるのかもしれませんし(笑)。

 

「tal」は「そのように」とか「そんな/こんな」といったような意味の単語で、それに「何?」という意味の「qué?」が合わさって「どう?」「どうだい?」みたいなニュアンスになります。

 

ですので、「¿Qué tal?」だけで言うと「どう?元気?」といった意味になりますが、これに特定の何かを後ろに加えて「○○はどうだい?」というような質問をすることができます。

 

例えば、旅行に行ってきた友人に会って「¿Qué tal el viaje?」(el viaje=エル・ビアヘ/旅行)と言うと「旅行はどうだった?」という意味になります。(いま直接友人に会って旅行帰りだと分かっている前提なので「どうだった?」という過去の経験への問いかけになります)

 

 

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信

三崎町三丁目通信の主筆・Kです(個人運営ですが)。映画の感想を中心に、趣味で続けているスペイン語学習(DELE A2取得で止まっています)と最近始めた英語学習のことなどを書いています。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-SPANISH
-,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2019 All Rights Reserved.