三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューや外国語学習についてのブログ

【(とても)元気です。ありがとう】かんたん! スペイン語の基本会話 No.008【挨拶・自己紹介】

投稿日:2018年9月26日

 

共通

画像の中の文字で、黄色い箇所が強く発音するところです。

(文脈によって多少変わることもあるので常にこうなります、というわけではありません)

また、スペイン語では感嘆文や疑問文の場合、文頭に逆さまのびっくりマークやクエスチョンマークが入ります。

 

 

その8 「(とても)元気です。ありがとう」

 

Muy bien, gracias.

ムイ ビエン、グラシァス

((とても)元気です。ありがとう)

 

 

「muy」は「とても」という意味です。上の訳では(とても)とカッコ付きにしていますが、それは「Muy bien」(ムイ ビエン)の場合、決まり言葉として定着しているので「とても元気だよ」というほどでもなく普通に「元気だよ」という程度の場合でも「Muy bien」と言うためです。「とても」がどれくらいのレベルなのかはイントネーションとか声のトーン、話の流れで忖度するということで(笑)。

 

「gracias」(グラシァス)は前回と同じですね。

 

前回は「bien」(ビン)の「エ」にアクセントを置くようになっていましたが、「Muy bien」(イ ビエン)という場合は「ム」にアクセントを置いて「ビエン」はフラットになります。

 

 

エリ
おまけ

例えば、授業で先生が生徒に質問をして、生徒が正しく答えられたときに先生が言う「よろしい。」も「Muy bien」(ムイ ビエン)が使われます。ロッテンマイヤーさんがすました声で「ムイ ビエン」と言うのを想像してみると分かりやすいかも(笑)。

 

とにかく、「Muy bien」は「OK」という意味で日常いたるところで使える便利なフレーズなので、覚えておいて損はないと思います。

 

なお挨拶の場合でも、「調子はどう?」と聞かれて「いいよ、すごくいいよ」といったニュアンスのときに「Bien, muy muy bien」みたいに言葉を足してみたりすることも普通にあります。まぁこういうのは日本語も含めてどこでも一緒なんでしょうね。

 

また、「まあまあかな」とか「良くも悪くもないよ」「ぼちぼち」といった意味のフレーズももちろんありますので、その辺も今後紹介していければと考えております。

 

 

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信

三崎町三丁目通信の主筆・Kです(個人運営ですが)。映画の感想を中心に、趣味で続けているスペイン語学習(DELE A2取得で止まっています)と最近始めた英語学習のことなどを書いています。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-SPANISH
-,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2019 All Rights Reserved.