三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューや外国語学習についてのブログ

メモリーズ・オブ・サマー

© Opus Film

映画『メモリーズ・オブ・サマー』──この思い出のなかに優しさはあるのでしょうか

投稿日:

 

 ここしばらく、マーベルやDCなどのアメコミ映画ばかり観に行っていたのですが、久しぶりにミニシアター系の映画が観たくなって今回行ってきたのが、こちらの2016年のポーランド映画『メモリーズ・オブ・サマー』です。

 舞台は1970年代末、ポーランドのとある小さな町で母親と2人で暮らす12歳の少年が主人公の物語。

 現在のポーランドはEU諸国の中でも経済的に大きく成長している国として存在感を増しており、また最近では日本との結び付きも度々ネットやテレビなどで取り上げられたりして、日本人のポーランドに対する印象も昔と今とでは大きく変わってきていると思われますが、自分のような中年世代(第二次ベビーブーム世代)にとってのポーランドというと、やはりかつての旧東側諸国のひとつであり、旧共産圏の国であった──という印象が根強く残っています。そしてポーランドの有名なものは何かと聞かれれば「ズブロッカ」と答えた人は多かったのではないでしょうか。(もちろん大戦後〜現在という範囲での印象です)

 そんな時代のポーランドの、さらに田舎の小さな町が舞台なので、人々の生活は実に質素で娯楽も少なく、現代のような複雑で入り組んだ社会や人間関係といったものもない分だけ、主人公のピョトレック少年をはじめとする登場人物の心情や問題、悩みなどがくっきりと描き出されているように感じました。

 グアテマラの山の中にある村を舞台とした映画『火の山のマリア』を見たときも感じたことですが、時代や環境、人が得られる豊かさや情報量など、今の私たちと大きな差があったとしても、人間のすることなんて結局のところあまり変わりはないんだな、ということをこの映画でも思い知らされた次第です。

 

映画『火の山のマリア』(ネタバレ)──人の業や愛はどこに生きる人間でもだいたい同じ

   グアテマラの火山のふもとに暮らす、ある農家の少女の物語『火の山のマリア』(2016年日本公開)は、スペイ ...

続きを見る

 

 人は皆どこかに孤独を抱いていて、誰かに何かを求める生き物のようです。子は親を、男は女を、女は男を──。

 また子どもは人生のある時期で、もう自分が今までのような「子ども」ではいられなくなる出来事を経験し、思春期を経て成長していくということ、そして少年と少女との精神的な成長には差があることや、女がとる行動には、ときに男の(なんでも理屈で考えようとする)頭では理解できないことがある、ということも改めてこの映画を見て再認識させられたのでした。

 

子どもが背負うには重い現実

 仕事で遠くへ行っているため、父が家にいないという環境は自分の子ども時代と被るので、もし自分がピョトレックと同じ体験をしていたらもっともっと早い段階でキャパを越えて、バケツから水が溢れるように「何かを起こして」いたんだろうなと思います。

 オープニングの場面が物語のラストシーンに繋がるわけですが、今振り返ると自分もそういうところがあったように思うので、ピョトレックのあの行動、分かるような気がします。

 子どもって、家族のことで悲しいことや理不尽な出来事が積み重なって「心のバケツ」が満タンになってもうダメだ…って溢れてしまうとき、誰かを傷付けるのではなくて自分を傷付けるような行動(実際にはそれをしなくても)を取ってしまったりしますよね。そうすることで自分がいかに辛いのかを知らせようとするのでしょうね。

 12歳の男の子にとって、母が父以外の男と親密になっているらしい現実はあまりにも難しすぎる問題であり、さらにそれと同時進行で、都会から夏休みの間この町へやってきた気になる少女マイカのことでもショックを受けることになります。とてもじゃないけど、どちらも12歳がうまく立ち回れるようなレベルの問題ではありません。

 今までと同じ形の幸せを望む「子ども」のピョトレックにとって、「理屈では理解できない」行動を取ることになる母と、自分より早く思春期の扉を開いて先に進んでいった女の子のことを納得して受け入れられるはずもなく…

 

母とのこと、少女とのこと

 12歳のピョトレックにとって、母は「母」であり(当たり前ですが)、そしてマイカは自分と同じように“子どもの世界”を共有できる「好きな女の子」という存在ですが、母ヴィシャは「ピョトレックの母」であると同時に「長い間夫と離れて暮らしている女」であり、マイカも世代的にはピョトレックと同じ頃の年齢であっても、十代の女の子は男子よりちょっと先に大人になるもの──。

 ピョトレックは何も悪いこと・間違ったことをしていないのだけれど、マイカは自分に対してひどいことをした不良青年スコヴロンに惹かれていく。その行動・心の移り変わりは12歳の男の子にとっては予想も理解もできないものだったりします。こういったことは中学生でも高校生でも、場合によってはそのさらに上の世代でも同様に起こりうることで、おそらくは国や時代が違ってもそう変わらないものなのでしょう。

 秘密の遊び場である「石切場の池」でのピョトレックは、母と遊ぶときもマイカと遊ぶときも、まったく同じことをします。同じように叫びながら池に飛び込み、水際で並んでひなたぼっこをし、そして池での一日を満喫して二人で自転車で帰ります。

 つまり「ある夏の一日を一緒に楽しく過ごす」という目的のもとで、恋心?を抱く都会からきた女の子と自分の母親のどちらにも同じものを求めているわけです。

 そういう意味では、ピョトレックはまだ子どもであり、マイカにとっては物足りないものがあったのかもしれませんし、「母」ではなく「ひとりの美しい女」としての一面が表れ始めた母にとっても、子どもはもちろん大切だけども今は…という状態だったのでしょう。まぁ母についてはひと言で言ってしまえば「色ボケしてしまった」ということになるのかもしれませんが(笑)、亭主は出稼ぎでずっと不在で自分も昼間は仕事、そして家では母としての役割とこなすだけという、ただでさえ娯楽のない田舎で、あれだけの女盛りな美人が地味な生活を送り続けていたらこういったことが起こるのもしゃーないのかもしれませんね。。。

 もちろん亭主の立場で考えたら絶対に許せることではありませんが。

 

眼鏡の少年とのこと

 友達が夏休みの間ずっと町を離れているため、ひとりで退屈しているピョトレック少年ですが、遊ぶ相手は誰でもいいというわけではないようです。

 遊泳場となっている湖でヒョロ眼鏡の少年が接近してきてもまったく興味ナシ、といった感じでつれない態度を取ってしまいます。ですがその後にその湖で起きた、子どもの溺死事件で「もしかしたら犠牲者はあのときの少年なのでは…」という胸騒ぎに襲われることに…。彼が泳ぎに行く前に言った「僕を見てて」というお願いを無視して逃げたせいなんじゃないか…という後悔と不安が頭をよぎりますが、結局引き上げられた子どもの姿を見ることは出来ませんでした。

 死んでしまったのはあの少年だったのか、それとも違ったのか、については後半明らかになりました。

 出稼ぎから一時的に帰ってきた父と母との3人で出かけた遊園地で、ゴーカートで遊ぶピョトレックはあのときの少年と再会します。お互いにカートをぶつけ合ったりして遊ぶ二人。辛いことばかりだったピョトレックにようやく明るい出来事が──と思った矢先、ピョトレック(と観ている私たち)はどん底に叩き落とされることになります。

 少年の母親は、以前いきなり押し掛けてしばらく居座ったあの女性でした。ピョトレックがこの時点でどこまで理解できていたかは定かではありませんが、映画を見ている私たちはピョトレックの母の不倫相手がその女性の夫(そして眼鏡の少年の父)なのだろうということは察しがつきます。

 もしこの日、あの眼鏡の少年の母親を見ていなかったらピョトレックにとってこの遊園地での一日は「夏の“素晴らしい”思い出」となったのでしょう。

 久しぶりに帰ってきた父と母が以前のように仲良くしていて、親子3人で遊園地で思いっきり遊ぶ。そして一度はすれ違ってしまった新しい友達とも楽しく遊ぶことが出来た一日──だったのに。

 

 どうしてこうも世界はピョトレックに優しくないのだろうか。。

 

映画『メモリーズ・オブ・サマー』

© Opus Film

パンフレットからの引用

 『メモリーズ・オブ・サマー』=「夏の思い出」というタイトルに反して、記憶から消してしまいたくなるような出来事ばかりのピョトレックの夏。

 この『メモリーズ・オブ・サマー』のパンフレットが、何かと情報が少ない今作の、映画を一度観ただけでは分からない情報や物語の背景などを補填できる、なかなか良い内容となっていました。

 

「すべてのポーランド人にとって、アンナ・ヤンタルは、70年代のシンボルです。」

アダム・グジンスキ監督のインタビューより

 

 映画のタイトルはこのアンナ・ヤンタルの曲『町中には、こんなにも太陽が』の歌詞から取られており、実際にこの楽曲は母とピョトレックがダンスをするシーンで使われています。彼女は飛行機の墜落事故により29歳という若さでこの世を去ったポーランドの大スターであった、とのことです。

 また「アダム・グジンスキ監督による撮影前の覚え書き」には、私たちがなかなか気付けない、もしくは知ることができない情報が書かれており、物語の世界をより理解するためにとても役に立ちます。

 例えば、度々登場する湖についてはこう書かれています。

 

【湖】

少年たちの出会いの場。最初は牧歌的な、少年が夢みる夏の冒険の場所。しかし後半にさしかかると、ダークな側面を現す。たとえば、溺死者が発見されるシーン。そして終盤の、主人公がスコヴロンに仕返しをし、マイカを追い返すシーンでは、湖は冷たく、よそよそしい場として立ち現れる。

 

 そして主要キャラクターの衣装について、母ヴィシャについてはこういう解説がされています。

 

【母(ヴィシャ)】

いつも身だしなみに気をつける女性。質素な服を着ているが、いつだってファッショナブルでエレガント。冒頭では、この彼女の慎ましやかさとシンプルさがすぐに目に止まる。地味な色使い、簡素な仕立てのスカートやブラウスや優しいメイク。しかし夜出かけるようになると、彼女の容貌はゆっくりと変わってゆく。髪をおろし、派手なメイクをして、カラフルなドレスを身にまとう。彼女は変容し、輝く。愛人との関係が終焉を迎えると、見た目がまた変わる。じぶんのことに構わなくなる。髪の毛はぼさぼさで着古したガウンを着た彼女は、捨てられて落ち込んでいる印象を与える。父親が帰ってくると、元気を取り戻しつつあるように見える。冒頭と同じ彼女に戻ったみたいだ。だが、夫から贈られたドレスを身につけ、くっきりとしたメイクに違う髪型をした彼女は、最初よりもさらに美しい。あたかも夫との関係をあらためたいと思っているようだ。ラストのシークエンスでは、夏休みが終わる。質素なスカートに、茶色のブラウス、髪はきちんとまとめられている。彼女は、今ではまったく別の人間だ。

 

 なるほど…これは分かりやすい。。

 モノと情報に溢れた環境よりも、限られたものの中でいかに美しくなれるかを考えて実践している女性というのは、いつの時代でもどこの国でもけなげで魅力的なものですね。

 というかこの母ヴィシャを演じているウルシュラ・グラボフスカさんという方、思わず画像検索(アルファベット表記で)してみたんですが(笑)、いやー美人ですね。誰かにすごく似てるなと思ったんですが思い出せず…う~ん。。

 でも向こうではこういった美人は普通に外を歩いててもきっと当たり前のようにごろごろいるのでしょう…。行ってみたいなぁ、ポーランド(笑)。

 

 このブログの映画レビューとは違うカテゴリで少し書いているのですが、一年ちょい前にペンパルになって(といってもメッセージアプリを介してですが)今もやり取りをしているドイツ人の女性がいます。

 この方も子持ちで夫と一緒に暮らしておらず(おおよそは分かりますが詳しい事情は聞けませんw)キャリアウーマン、顔の系統はいかにもドイツ人っぽい骨格のしっかりした造形ですが、髪の色やウェーブのかかり具合などが今作の母ヴィシャによく似ていて、やはりなかなかの美人だったりします。

 そんなわけで私は今回、勝手にいろいろ重ね合わせてこの映画を観ることとなったのでした(笑)。

 

 行ってみたいなぁ、ドイツ。(どっちだよ)

 

こちらもオススメ

  • 『火の山のマリア』のレビューはこちら
  • 『牯嶺街少年殺人事件』のレビューはこちら
  • 『花様年華』のレビューはこちら
  • 『恋する惑星』のレビューはこちら
  • 『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』のレビューはこちら
  • 『かもめ食堂』のレビューはこちら
  • 『LIFE! (The Secret Life of Walter Mitty)』のレビューはこちら
  • 『ロスト・イン・トランスレーション』のレビューはこちら
  • 『若葉のころ』のレビューはこちら
  • 『ONCE ダブリンの街角で』のレビューはこちら
  • 『はじまりのうた』のレビューはこちら
  • 『シング・ストリート 未来へのうた』のレビューはこちら
  • 『トリコロール 青の愛』のレビューはこちら
  • 『トリコロール 白の愛』のレビューはこちら
  • 『トリコロール 赤の愛』のレビューはこちら
  • 『ビフォア・サンセット』のレビューはこちら

 

 

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信

三崎町三丁目通信の主筆・Kです(個人運営ですが)。映画の感想を中心に、趣味で続けているスペイン語学習(DELE A2取得で止まっています)と最近始めた英語学習のことなどを書いています。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-ENTERTAINMENT
-,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2019 All Rights Reserved.