【社会の縮図】映画『プラットフォーム』レビュー①──層の数字、名前の由来、本、ダンテ、ゴレンとミハルの関係【結末の考察】

ENTERTAINMENT

トリマガシ(ISTP)

 主人公ゴレンがこの牢獄で最初に同室となった男、トリマガシ。

 自分よりも上の者には何も期待せず、自分よりも下の者を顧みず、今のこの状況下を生き抜き(またはやり過ごす)刑期を終えることのみを考えている老人。

 

 彼は生きるためにこの世界のルールに順応し、無事が約束された状態ではモラルのある人間でありますが、サバイバル環境では倫理観を捨て自身が生き延びることを最優先した非情な行動を取ることができる人間です。

 また彼はここのシステムが明らかに間違っているものであっても、それについて異を唱えるでもなくただ自分なりに従っているだけであり、ある意味で思考停止状態とも言えます。

 

 

 トリマガシが取った行動は私たちの目にはとても恐ろしいものとして映りますが、実はこのような人間はこの社会にはかなり多く存在しているのだろうと思います。まぁ日本とスペインとでは(というか日本とほとんどの海外諸国とでは)多少違うかもしれませんが…。

 それは大災害が起きたときの人々の行動を見れば一目瞭然です。大地震や対規模な停電が起きたときや、何かしらの問題で法の秩序(警察など)が機能しなくなったりする状況では、あっという間に暴動や略奪が海外の多くの国で起きるのをこれまで何度もニュースで見させられてきました。

 ヨーロッパの先進国などではあまり見ない光景かもしれませんが、それはあくまでそういった未曾有の大災害が起きていなかったり、治安維持の組織が機能しているから、というだけだと私は思います。もちろん略奪行為をしない人も大勢いるでしょうが、良くも悪くも自主性に欠け悪目立ちすることを怖れる日本人と比べると、そういった行為に簡単に走ってしまう人間が多く存在するであろうことは容易に想像できます。別の価値観・宗教観を持った民族も多数暮らしていますしね。

 とにかく、トリマガシは現実世界でかなりの割合で存在するであろうタイプ(普通に生きられる状況下ではまともだが、危機的な状況に陥ると生きるために何でもする)を代表するような人物──と考えられます。

 

 

イモギリ(ISFJ)

 ゴレンが2番目に同室になる女性。彼女はこの謎の空間を管理するシステム側にいた者であり長年そこで働いてきたが、このシステムが抱える問題や正しい情報を知らずにいた。そのため自分がどのようなことに加担していたのか(このような恐ろしいところに人々を送り込む仕事をしていたこと)も知らなかった者。

 

 現実世界では政府関係の仕事や役人、世界を動かす大企業などに所属し「社会の上層部が行っている悪い部分」を知らず(または意識せずに)に働いている人のメタファーでしょうか。

 

 

 彼女は自身が末期がんであることを知り、正しく機能していないここのシステムを変えようと自ら牢獄へ入ります。人の善意とモラルから連帯感が生まれることを信じて説得を続けるも、それが無理であることを知って絶望し最後は自ら命を絶ってしまいます。

 彼女はここへ来た初日に「自然に連帯感が生まれる」と言っていましたが、下の層の人間は言うことを全く聞こうとせずゴレンの脅しによって初めて下層の者たちが言うことを聞いたことにショックを受けていました。(ゴレンはイモギリに「変化は決して自然には起こらない」と言い、実際に彼は後に変化を自らの手で起こします)

 そして死んでから幻影としてゴレンの前に現れたときには一変し「連帯感はクソ」と言います。これは33層でゴレンが「言うことを聞かなければ全ての食べ物をクソまみれにするぞ」と脅したことにかけているのもありますが、のちにバハラトが顔に向かって脱糞される場面もあったりと、度々「クソ」という単語が出てきます。

 

 ※ちなみにスペイン語で「クソ」は「mierda」(ミエルダ)といい、文字通りの「糞」のほか、日本語での「あいつはクソだ」とか「くそっ!」なんていう場合に使われるのと全く同じ意味合いでこの「ミエルダ」が使われるので、スペインの映画を見ているとよく耳にする言葉でもあります(笑)。またバハラトが終盤で何度も言っていた「¡Joder!」(ホデール!)という言葉も「くそっ!」とか「ちくしょう!」という意味なのですが、こちらもスペイン映画などでよく耳にします。例えばシリーズ4作品が作られた大ヒットホラー映画『REC/レック』では何度も何度も出てきます(笑)。

 当サイトでは初歩的なスペイン語のフレーズを紹介していたりもしますので、スペイン語に興味がある方はそちらもぜひご覧になってください(宣伝w)

 

映画『●REC/レック』シリーズ①②【メデイロスとは何者だったのか?】
...

 

SPANISH
「SPANISH」の記事一覧です。

 

 彼女は人の正しい生き方を提唱し、説得することで社会を変えられると思っていた人でした。これもトリマガシ同様、現実世界で多く存在するタイプです。

 先にも書いたように彼女はある程度の特権を持つ立場の人間で、この世界には格差があり日々を生きるのにも苦労する人間がたくさん存在することも知っていたが、所詮それはある程度の豊かさがある安全な場所から遠巻きに見て「知識として知っていただけ」であり、自身が経験して知ったことではないので本当の苦しみや怖さを理解できてはいなかった人。

 そんな彼女は末期がんという病によって「死と隣り合わせになる人間の気持ち」を理解し覚悟も持ってここへ来たつもりでいましたが、実際にはこの世界の真の姿や過酷な状況で生きる人の心の醜さを全然分かっていなかったことに気付き、絶望します。(最下層は200層だと聞かされていたが翌月に自分が202層にいて、そこよりもさらに下の層がずっと続いていることを知ります)

 

 

バハラト(ESFP)

 黒人として、差別される側の人間。6層に来た当初の彼は信仰を語っていたが、実際には自分が助かることだけを考えていた男だった。しかしゴレンの説得に乗り、最後まで一緒に革命を起こそうと戦い続ける。

 その姿勢の陰には、バハラトがかつて会った車いすの賢人・Mr. Brambang※の存在も大きいのかもしれない。

※ゴレンとバハラトのふたりに革命への正しい道を説く。彼の役名はジャワ語でエシャロットを意味する「brambang」に由来。なおこの賢人も黒人である。(INFJ)

 

 

 6層に来た当初は完全に浮かれていて、自分が上に行ってここから出ることだけを考えているやや利己的な男に見えましたが、5層のふたりに酷い扱いを受け、そこからは人が変わったように厳しい顔でしゃがみ込んでしまい、翌日の食事もほとんど手をつけようとしませんでした。

 下の層で地獄のような経験をしてようやく6層という、社会に置き換えればかなりの豊かさを得られる位置に来たものの、その上にはクソみたいな人間(女には実際に顔に脱糞される)がおり、結局この位置でも心の安らぎは得られない──という現実を突きつけられたからです。

 しかし自分の横にいる男が

 

「一緒に降りて下の者たちに食べ物を行き渡らせよう、一緒にこのシステムを変えよう」

 

「下まで行ったら台座に乗って上まで上がろう、上に行きたいんだろう?」

 

というまさかの提案をしてきます。

 理想を持った男がここにいた──その事実がバハラトの心を動かしました。

 

 

 ゴレンと共に降りていった先では、賢人を含めてバハラトを知るものが何人か出てきますが、それらの人々の発言からバハラトがまともな人間性を持った男であることが分かります。

 自分が最初に動くリーダー型の人間ではないものの、バハラトもまた行動によってこの世界のシステムを変えることが出来ると信じられる人間だったようです。トリマガシをはじめとする多くの者たちが「この状況を受け入れ(従うという意味ではなく諦めという意味で)ここで生き抜くことしか自分には出来ない」という考えしか持っていないこととは対照的です。

 

 

 彼のキャラクターは、現実世界では俗っぽさもありながらも(6層からズルをして上に上がろうとする)現実をよりよいものに変えられる可能性を信じていて、社会の底辺も知っていてさらに差別される側でもありながら可能性への希望を失ってはいない──という人物像を表しているように見えます。

 そしてバハラトは、ゴレンが持ち込んだ本『ドン・キホーテ』の主人公ドン・キホーテによる騎士道精神を取り戻す旅に同行するサンチョ・パンサのメタファーでもあるように感じられ、ここにも『ドン・キホーテ』との関連性が見て取れます。

comment

タイトルとURLをコピーしました