映画『セックスと嘘とビデオテープ』(ネタバレ)──テープに関わった人は皆、その影響を受ける

ENTERTAINMENT

 

 スティーブン・ソダーバーグ監督の長編初監督作品(当時28歳!)である、この『セックスと嘘とビデオテープ』1989年)を私が最初に見たのはたしか90年か91年だったと思います。東京で一人暮らしをするギリ10代の学生でした。懐かしい。。

 

 こじらせた厨二病と(笑)、思春期に体験した幾つかの挫折、そして「自分は何か特別な存在なんじゃないか」という、これまたこの時期にありがちな勘違いにより(笑)、内に内にと籠りがちだった自分にとっては当時、めちゃくちゃ共感した映画でした(特にグレアムの「人の人生に影響を与えないように生きてきた」という部分)。あとこの映画を見てからはかなり長い間、自分の中での好きな女優はアンディ・マクダウェルで固定でした。

 

 田舎に住む高校生時代から「仕事はお金を稼ぐためのもの」「それでお金を稼いで生きていくのが当たり前」「好きか嫌いかじゃなくて給料が良くて安定しているかどうかが大事」「みんなそうやって生活している」「早く結婚して子どもがいて自分の家を持つのが幸せ」といった周りの価値観にどうしても馴染めずにいたので、この映画のグレアムのような、社会の歯車からはみ出しつつもなぜかお金はあり(ここが重要なポイント① 笑)、ちょっと芸術家風情でミステリアス、自分が作った世界(誰にも迷惑をかけず、そのかわり自分だけが満足できるとても小さい世界)で生きていながら、それでも美女が向こうから近づいてきて自分の世界に入ってくる(重要ポイント② 笑)という生き方に対して「これだ!」というようなものを見出していたのかもしれません(笑)。映画ではその生き方は最終的に否定されることになったのにも関わらず……

 

 

 

当時は気付かなかった部分

 

 上記の通り、物事の表層だけを見て勝手に影響を受けていた若き日の私には、この映画の細かいところまではよく分かっていなかったようです。

 

 例えば、妹のシンシアは実は頭がよくて、あの中では人として一番まともだったこと。もちろん姉の夫と不倫している時点でまともではないですが、他の3人の歪みに比べれば一番ストレートな生き方をしている人でしたね。

 

 またアンがいかに精神的に不健康・不健全な状態だったか──ということもある程度しか分かっていませんでした。当時は水回りの掃除をしている場面で蛇口を執拗に磨いているのを見て、ちょっと病的だな…くらいにしか思わなかったのですが、見直してみると最初のカウンセリングから不健全そのもので、しかも自分自身がそのことにはっきり気付いていない。精神科医のカウンセリングを受けているのだから自分がおかしいということはもちろん自覚しているのでしょうけど。

 

 

 アンは自分を「人とは、女性とはこうあるべきもの」という観念に縛り付けているために自分を全く解放できていません

 

 

 自分の中に溜め込んだものを解放できずにいるものの、それを押さえつけているのは他でもない自分が作り出した観念なので、「自分の正義の範疇で」解決出来ないものは全て正しくないと思っていて、自身に問題があることは自覚していつつも、原因がその固定観念だということを分かっていない。だから潜在的な不満は常に、自分の正義感・倫理観とは別のところで生きている人に向かう。(ゴミの問題、社会の不平等、奔放な妹など)

 

 

 

comment

タイトルとURLをコピーしました