映画『はじまりのうた』【ジョン・カーニー監督:音楽3部作②】──見たあと、なにかはじめたくなる。

ENTERTAINMENT

 

 『ONCE ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督による音楽3部作(勝手に命名)の第2作『はじまりのうた』は2013年のアメリカ映画(他の2作には入っている“アイルランド映画”のクレジットが今作にはありません)、日本では2015年に公開されました。

 

 私が住んでいる地域ではたしか3月下旬あたりからの公開で、自分は4月5日に観に行ったのですが、もう最高でした!

 

 寒い冬がようやく終わり、春がやってくるワクワク感と相まって何か楽しいことがあるかもしれない、何か新しいことを始めてみようかなっていう前向きな気分にさせれくれる、そんな映画でした。

 

物語の舞台もキャストも華やかに

 

 前作『ONCE ダブリンの街角で』は、アイルランドのダブリンを舞台とした物語で(次作『シング・ストリート 未来へのうた』も舞台はダブリン)、監督の元バンド仲間でプロのミュージシャンであるグレン・ハンサードと、当時はまだ10代だったシンガーソングライターのマルケタ・イルグロヴァという、ともに役者ではない二人が主人公でした。

 

 それに対し、今作『はじまりのうた』は、主演のグレタ役にキーラ・ナイトレイダン役にマーク・ラファログレタの恋人デイヴ役にマルーン5のアダム・レヴィーン、そしてダンの娘バイオレット役には、今やすっかり売れっ子のヘイリー・スタインフェルド(個人的には“テイラー・スウィフト一派”という印象が強いものの、この映画のおかげで好感度は上がってきています。 笑 ※別にテイラー・スウィフトが嫌いという意味ではありません。あの派閥感がちょっと…というだけです 笑)といった豪華な顔ぶれとなっています。

 

 また物語の舞台が夏のNYということで、人も街もエネルギッシュで、活気に満ちています。夜のクラブ界隈も、昼のダウンタウンも、幾つもの公園も、地下鉄のホームも、眺めのいい屋上も、どこもかしこも素敵に見え、何かが起こりそうな、何かがはじまりそうなワクワク感があるところが前作と大きく違うところです。

 

 前後作がともに(少なくとも本人にとっては夢を叶えられる街ではない)ダブリンでの話なので、コントラストの違いで尚のことキラキラして見えます。オープニング・クレジットが入る場面、ダンが車を走らせているときの映像だけで気分が上がってきます。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました