【MBTI】悪名高い? INFJがやってしまう“ガチの縁切り”──「INFJドア・スラム」【INFJ Door Slam】

TOPICS

 同じNFJ型でもFeが主要機能にくるENFJの場合は(あくまでINFJ視点から見た個人的な印象ですが)まず自分からグイグイ行くところがあり、またINFJが「言われて気付くようなことじゃないよね」という考えを言い訳にして相手とのコンタクトを避けるのとは対照的に、ENFJは相手とのコンタクトを逃げないし、そもそも自分から周りを巻き込んでいくのが平常運転っぽい印象なので、ENFJがドア・スラムをやるイメージはあまり湧きません。自分からグイグイ行くくせに結構落ち込んでいることが多いのが不思議なんですが、あれはやっぱり根本的に人が好き、ということなのでしょうか……。

 またNiに関連する部分と合わせて考えてみると、同じく補助機能にFeを持つISFJも全くないとは思わないものの、INFJほどの強烈なドア・スラムをかますことは少ないんじゃないかという気がしています。

 INFJ・ISFJともに、最も自然に使われる主要機能が内向型の知覚機能であるものの、ISFJの場合はその主要機能がSiであることを考えると、良くも悪くもISFJは「(これまでの経験から)この人は本当は悪い人じゃない」と思ってずっと我慢してしまうのかもしれないし、何にしても現状がとりあえずどうにかやれているのであれば、それを維持しようとするのかもしれません。(しつこいようですが間違ってたらゴメンナサイ)

 また内弁慶と言うのが合っているかどうか分かりませんが、ISFJは身内などの本当に気を許せる相手にはキレることはあっても、親友とは呼べないレベルの友達や、同じコミュニティ(仕事や趣味など)に属する知人レベルの相手には我慢しながらもずっといい顔をしておく、外面のいいタイプなのかなぁと……。

 つーかINFJも相当外面のいいタイプのくせに他の人をどうこう言える立場かよって話ですが(笑)。

 先ほど書いたように、INFJは我慢している期間に「自分に非があるんじゃないか」「相手もそういうつもりじゃなかったのでは…」ということを自問自答し続け、それに加えて「どうして相手にガツンと言ってやれないんだろう」という自身の対応の甘さに対しても責めてしまいがちなので、蓄積されるモヤモヤの量がハンパないんでしょうね。

 それでついにプチンと糸が切れるように「あ、もうダメだ」となるわけですが、それまで普通に接していただけに突然全ての関係をシャットアウトされた相手は、何が起きたかわからずに困惑することになります。こちらとしてはその流れ、原因と結果が一直線で繋がっているので何も不自然なことはないのですが、相手や周りの人たちはそんなINFJの心の動きやドア・スラムに至るまでのいきさつを知らないので、あまりの唐突な縁切りに驚くのだろうと思われます。

 なお「INFJドア・スラム」で完全にシャットアウトした相手との関係が復活するかどうかについて、自分の場合は

 

復活したのは高校の頃の友人1人のみ。そしてその相手とは「ドア・スラム」のような我慢の蓄積はなく、瞬間的なガチギレが原因だったので当てはまるかどうかは不明

 

 という感じです。

 復活するかどうかは相手次第。こちらから歩み寄ることはありません。ただし他の誰かを通して間接的に「自分も悪かったと思っている」「機会があればこちらは普通に話せるんだけどね」といったことを話しておいて相手のために道を作っておくことはするかもしれません。

 まぁ相手が絶対に変わらないと分かっている場合や、相手がこちらの悪口を陰でネチネチと言っていることを知っている場合は絶対に復活はないんですけどね。

 

 こうやって書くと陰険に感じられますね(笑)

comment

タイトルとURLをコピーしました