【(君は)どこへ行きたい?】かんたん! スペイン語の基本会話 No.071【未来の行動に対する質問】

(君は)どこへ行きたい? SPANISH

 

その71 「(君は)どこへ行きたい?」

 

¿Adónde quieres ir?

アドンデ キエレス イール?

((君は)どこへ行きたい?)

 

今回は、前回と少し違って「どこへ行きたい?」という、相手の「今現在の願望」を尋ねるフレーズです。

前回同様、「あなたは」と敬語で話す相手の場合は

 

¿Adónde quiere ir usted?

アドンデ キエレ イール ウステッ?

((あなたは)どこへ行きたいですか?)

 

となります。「彼は」「彼女は」なども前回同様です。

今世界で起こっている例の件の状況を考えて、例えば

 

「この隔離が終わったら、君はどこへ行きたい?」

 

と言いたい場合は

 

Cuando termina esta cuarentena, ¿adónde quieres ir?

クアンド テルミナ エスタ クアレンテナ アドンデ キエレス イール?

 

となります。「cuando 〜〜〜」(クアンド 〜〜〜)は「〜〜〜する(した)とき」という意味です。

この他にも言い方はあると思いますので、あくまで一例といった感じで見ていただければと思います。例えば「もしこの隔離が終わったら、君はどこへ行きたい?」とかだと、文法的にも接続法となってけっこう違うフレーズとなります。

 

以前オンラインでスペイン語を習っていたとき、先生に

 

「もっと文章を簡単にしなさい」

 

とよく言われました。

例えば上記のようなことを言いたい場合、私たち日本人はついつい

 

「この隔離政策が緩和されて外に自由に出られるようになったらどこへ行きたい?」

 

みたいにご丁寧なフレーズを脳内で考えてしまい、それを必死にスペイン語に訳そうとして「う~」とか「あ~」とか唸っては時間が経ってゆく…ということがよくあります(笑)。

でもこうやって文字にしてみるとどうでしょう。

 

意味はほとんど同じじゃないですか!(笑)

 

中途半端なスペイン語力しかないくせに(まぁ私はそれ以下ですがw一丁前に小難しいことを言おうとするんだけど結局スラスラ言えなくて唸ってばかりいる人よりも、全然勉強なんてしてないけど知ってる言葉を臆せず使う人のほうがよっぽど受けがいいんじゃないかと。

そう思うようになったことが、このフレーズ集を書くに至った理由のひとつです(笑)。

 

かんたん! スペイン語の基本会話 記事一覧はこちらです

 

表記について

画像の中の文字で、黄色い箇所やアクセント記号付きの文字(é、áなど)が強く発音するところです。

…が、相手への問いかけだったり文脈の流れ、強調の具合などのニュアンスによって変わってきたりしますので、必ずしもこの通りとは限りません。

さらにこのシリーズを作っていて、少しずつその辺が統一されなくなってきましたので(笑)、イントネーションの強弱ポイントにつきましてはあくまで参考程度として見ていただけると嬉しいです。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました