【やぁ!】かんたん! スペイン語の基本会話 No.001【挨拶・自己紹介】

SPANISH

その1 「やぁ!」

 

¡Hola!

オラ!

(やぁ!)

 

 

 

英語のHi!と同じで、どの時間帯でも使える基本の挨拶です。

 

スペイン語では「H」は全く発音しないので、「オラ!」となります。

 

大部分の音は日本語のカタカナ発音と同じですが、「L」は英語の「L」と同じように、舌先を上の歯の裏側につけるようにして音を出します。ちなみに「R」は英語の「R」とは違い、2つの音があります。ひとつはカタカナの「ラリルレロ」と同じ「R」、もうひとつが口でドラムロールの真似をするような感じで「ダルルルルルル…」の「ルルル…」みたいに、口の中で舌を弾くというか震わせるようにして発声する音です。

 

個人的な感想ですが、「R」はカタカナ発音だけでも相手は理解すると思うので、ちゃんと頑張って言わなくても大丈夫かと。

 

ってか旅行で話すとか、誰かとちょっとだけスペイン語で話してみる、という程度なら全部カタカナ発音でも何とかなります(笑)。むしろ英語圏の人たちより「お前発音いいな!」と言われる可能性大です。

 

「ポケトークS」は外国語学習が続かない人にこそ使ってほしい【リアルほんやくコンニャク】
...

 

「オラ」という単語は、この「hola」「hora」の2つあり、「hora」のほうは「時間(英語のtime)」という意味になります。「L」の発音を心がけて「hola」と言えればベストですが、もし「R」の発音(カタカナのラ)で「オラ」と言ってしまったとしても、向こうも挨拶の場でこっちが「時間っ!」と言っているとは思わないでしょうから(笑)、まぁ通じるでしょう。

 

左手首の上を右手の人差し指と中指でペチペチ叩きながら「オラ!」って言ったら「??(この日本人は時間が知りたいのか?)」と思うかもしれませんが(笑)

 

CMでおなじみの「夢の通訳機・ポケトーク」その機能と特徴などを詳しく解説【外国語学習にも使える!】
...

 

かんたん! スペイン語の基本会話 記事一覧はこちらです

 

表記について

画像の中の文字で、黄色い箇所やアクセント記号付きの文字(é、áなど)が強く発音するところです。

…が、相手への問いかけだったり文脈の流れ、強調の具合などのニュアンスによって変わってきたりしますので、必ずしもこの通りとは限りません。

さらにこのシリーズを作っていて、少しずつその辺が統一されなくなってきましたので(笑)、イントネーションの強弱ポイントにつきましてはあくまで参考程度として見ていただけると嬉しいです。

 

comment

タイトルとURLをコピーしました