三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューや外国語学習についてのブログ

出かけましょう!

出かけましょう!

【出かけましょう!】かんたん! スペイン語の基本会話 No.039【相手を誘うフレーズ】

投稿日:

 

共通

画像の中の文字で、黄色い箇所が強く発音するところです。

(文脈によって多少変わることもあるので常にこうなります、というわけではありません)

また、スペイン語では感嘆文や疑問文の場合、文頭に逆さまのびっくりマークやクエスチョンマークが入ります。

 

その39 「出かけましょう!」

 

¡Vamos a salir!

バモス ア サリール!

(出かけましょう!)

 

No.038でも取り上げた「Vamos a +動詞の原型」「○○しましょう」というフレーズの、もっと簡単なパターンです。

「行く」という動詞「ir」(イール)の一人称複数形が「vamos」(バモス)ですが、「Vamos a +動詞の原型」「○○しましょう」なので、それに「出かける」という動詞の「salir」を続けて「出かけましょう」という意味のフレーズになります。

 

誰かの家や学校、教室、職場などにいるときなどに

「これから遊びに行こうか?」

「飲みに行きたいね」

「買い物に行く?」

みたいな話しになったけどまったりしていてまだ腰が上がらない、というときに

(よし、それじゃあこの辺でおしゃべりを切り上げて出かけますかー!)

みたいな意味合いで「¡Vamos a salir!」と言ってみるといいかもしれません。

なんとなくニュアンスが伝わりますでしょうか。

 

エリ
おまけ

「○○しましょう!」は色々な行動について使えるので、いくつか他の例を挙げてみます。

 

「食べましょう!」

¡Vamos a comer!

バモス ア コメール!

 

「見てみましょう!」

¡Vamos a ver!

バモス ア ベール!

※「!」がない淡々とした言い方にすると、教諭や講師が授業・講座などで言う「それでは見てみましょう」といったニュアンスになります

 

「休みましょう!」

¡Vamos a descansar!

バモス ア デスカンサール!

 

「乾杯しましょう!」

¡Vamos a brindar!

バモス ア ブリンダール!

 

「始めましょう!」

¡Vamos a empezar(comenzar)!

バモス ア エンペサール(コメンサール)!

※エンペサールとコメンサールのどちらでも可

 

「終わりにしましょう!」

¡Vamos a terminar!

バモス ア テルミナール!

 

「休みましょう!」とか「終わりにしましょう!」といったフレーズは、仕事先やバイト先にラテン系の人がいたりした場合に言ってあげると喜ぶかもしれませんね(笑)。

 

 

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信

三崎町三丁目通信の主筆・Kです(個人運営ですが)。映画の感想を中心に、趣味で続けているスペイン語学習(DELE A2取得で止まっています)と最近始めた英語学習のことなどを書いています。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-SPANISH
-,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2019 All Rights Reserved.