三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューや外国語学習についてのブログ

ちょっとお待ちください/ちょっと待って

【ちょっとお待ちください】かんたん! スペイン語の基本会話 No.045【お願い】

投稿日:2019年9月29日

 

その45「ちょっとお待ちください/ちょっと待って」

 

Un momento, por favor.

ウン モメント、ポル ファボール

(ちょっとお待ちください)

 

友達に呼ばれたけど手が離せなくて一瞬待ってもらいたいときに「ちょっと待って!」と言うのであれば「お願いします」にあたる「por favor」(ポル ファボール)を抜いて「¡Un momento!」(ウン モメント!)だけでOKです。英語の「Just a moment」にあたるフレーズですね。「ちょっと待ってもらえますか?」と言いたいときは「?」をつけて「por favor」の語尾を上げるだけで相手へ同意を求める問いかけになります。

また「ウン」と「モメント」は区切らずに続けて言うのが良いかと思います。「ウモメント」の「ウ」と「モ」の間に「ン」があるのかな〜、ないのかな〜、みたいな感じ…といえば伝わるでしょうか。

 

このフレーズの中に「待つ」という動詞がないことでも分かるように、「待ってください」を意味するフレーズは他にあります。

 

・比較的丁寧に言う場合

Espere un momento.

エスペレ ウン モメント

(ちょっとお待ちください)

※ちゃんと丁寧に言いたいときは「por favor」(ポル ファボール)を加える

※「エスペレ」は抑揚をつけずにサーッと言う感じで。「モメント」の「メ」だけにアクセントをつけるような感じです。

 

・友達などに言う場合

¡Espérate un momento!

エスペラテ ウン モメント!

(ちょっと待って!)

※「エスペラテ」の「ペ」と「モメント」の「メ」にアクセントを置きますが、「ペ」を一番強く発音して、「メ」はだいぶ軽めです。

 

・会話の中でもっと簡単に早く言いたい場合

¡Espera!

エスペラ!

(待って!)

※これも「エスペラ」の「ペ」を強く。関西方面の方は「なんでや〜」みたいなイントネーション…と言えば分かりやすいでしょうか。自分は関西人ではないので間違っていたらスミマセン(笑)。

といったような表現があります。

 

 

アナ
おまけ

以前スペイン語のオンラインスクールを受講していたときや、友達と会話(リアルもしくはオンラインにて)しているときに、何かを思い出そうとしたりスペイン語で言葉が出てこなくて相手を待たせてしまうときなどに「ごめん、ちょっと待って!」といったニュアンスで

「¡Espera!」(エスペラ!)

を多用していました。おもに2回くらい続けて「エスペラ、エスペラ!w」って言っていたと思います(笑)。まぁこういうのは日本語でも一緒ですよね。

 

 

かんたん! スペイン語の基本会話 記事一覧はこちらです

 

表記について

画像の中の文字で、黄色い箇所やアクセント記号付きの文字(é、áなど)が強く発音するところです。

…が、相手への問いかけだったり文脈の流れ、強調の具合などのニュアンスによって変わってきたりしますので、必ずしもこの通りとは限りません。

さらにこのシリーズを作っていて、少しずつその辺が統一されなくなってきましたので(笑)、イントネーションの強弱ポイントにつきましてはあくまで参考程度として見ていただけると嬉しいです。

 

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信

三崎町三丁目通信の主筆・Kです(個人運営ですが)。映画の感想を中心に、趣味で続けているスペイン語学習(DELE A2取得で止まっています)と最近始めた英語学習のことなどを書いています。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-SPANISH
-,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2020 All Rights Reserved.