【MBTI】直観を主機能に持つ4タイプ、INTJ、INFJ、ENTP、ENFPの相性について【今回も個人の感想です】

TOPICS

スポンサーリンク

INTJとENTPのぶつかり稽古

 私がMBTIというものを知るきっかけになったdear kristinさんの動画の中に、ENTPとINTJの激しい議論と、そしてそこに巻き込まれるINFJ(笑)という面白いシチュエーションのものがありました。

 

チャンネルはこちら。

dear kristin
I do comedy sketches based on the 16 personalities, and I also do this weird thing where I assign personality types to teas. This channel promotes self-growth, ...

 

そしてその動画がこちら。

 

 あとで見直してコメント欄を見てみたらこのパートが面白かったという意見が他のパートよりだいぶ多いようでしたので、やはりよく特徴を捉えたものだったのだろうと思います。

 内容としてはこんな感じ。

 

 

ホームパーティ的な場で、INFJとENTPが立ち話をしているところへINTJがやってくる

 

ENTP「思考実験をしていたところなんだよね」

INTJ「ほほぅ」(と好奇心を見せる)

ENTP「“私たちは”この国では共産主義が進むべき道だと考えている」(唐突な逆張り)

 

突然の逆張りに勝手に自分も含められてしまい困惑するINFJ

 

INFJ「いやそんなこと言ってないです」(慌てて取り繕う)

ENTP「今ちょうどそれについて話していたところなんだよ」(INFJの言葉を無視してさらに畳み掛ける)

 

真意を読み取ろうと黙ってそれを聞いているINTJ

 

ENTP「あなたはどう思う?」

INTJ「なるほど。それが最も効果的な方法だと証明できるのであればどうぞそうしてください」

 

不穏な空気に焦るINFJ

 

INFJ「彼女はそれが最も効果的な方法だと思っていません」(汗)

ENTP「うむ、権力に飢えた人々は常に存在すると私は考える。なぜ彼らに力を与えないんだろう? そうすれば彼らは冷静になるだろうに」

INTJ「あぁ、あなたは今独裁について話しているのね」

ENTP「私が?」(自分から意図的に吹っ掛けておいて白々しい返答をする)

ENTP「まぁそうね、独裁も悪くないと思うよ」(そしてさらに議論が荒れそうな意見をわざと被せる)

 

この状況を観察しているINFJ

 

INFJの心の声(彼女たちはどちらもこの場で最も賢い人間だと思われたいという不健康な執着をもっているように思える…。これは彼女たちの防衛メカニズムなのかも…)

 

INTJ「では、あなたは自由を引き渡してしまって喜べるの?」

ENTP「楽しいかもね」(皮肉で)

INFJ「彼女は冗談を言ってるんです」(汗)

ENTP「冗談なんて言ってないよ」

INTJ「彼女が私をからかっていることは知ってる」

ENTP「からかってなんかいないって」(ふてぶてしく)

INTJ「あっそ。えっと、世界には80億の人間がいるけどこの事実を考えたことはある? 腐敗した共産主義体制が存在する可能性はゼロに等しいっていう事実を考えたことは?」(視線を外すことなく一気に)

ENTP「そうね。…それでも堕落する人っつーのは堕落するものじゃん?」

INFJ「それじゃあ私は行きますね。お話できて嬉しかったです」(上位Feらしく律儀に挨拶をして去る)

INTJ「こちらこそ」(議論中の厳しい表情のままで)

 

INFJがいなくなり論破ゲームへの興味を失うENTP

 

ENTP「それで……あなた仕事は何をしているの?」(つまらなそうに)

INTJ「いやまだ話は終わってない」(決着をつけるまで逃がさない)

 

ENTPの心の声(ちっ、Niユーザーと関わるんじゃなかった…)

ENTP「あぁ、はい、そうね…」

 

 

 なおこのパートのあとに続くオチ(ESFJにつかまってしまうINTPの地獄w)も面白く、個人的にはそれぞれのタイプの特徴を理解するのにとても役立ちました(笑)。

 

 

 ENTPでいうと、同じくdear kristinさんの「16タイプがセラピーを受けたら」というシチュエーションの動画では、セラピーを受けにきた立場であるにも関わらず

 

おまえの実力を見てやろう

 

 みたいなことを言って頭の後ろで手を組んでふんぞり返る、というのがあって、それもなかなか笑えましたw

 ちなみにこの回の動画でのINFJは

 

セラピーを受けにきた側なのに、逆にセラピストから相談されてしまう

 

 というもの。解説などでもINFJはカウンセラータイプと書かれていますよね。まぁー言いたいことは分からないでもないけど、本当にそういうことが起きるかどうかはその人の力量とか才量次第かなと思っています。

 私の場合は、打ち明け話とかは結構されるけどアドバイスを求めての相談はほとんどされません。頼りないと思われているのでしょうw

 

 

心理機能から4タイプを考察

 繰り返しになりますが、INFJとENFPという鏡像関係の相性と、INTJとENTPという鏡像関係の相性には違った感覚があるように思われます。

 ものすごいざっくりと分類してみると、直観4きょうだいのうちINFJとENFPはNFタイプなので

 

直観と感情がセット

 

 と言えます。(たぶん。いやもしかしたらw)

 INTJ、ENTPと違って感情タイプなので

 

直観で感じ取ったものだとか受け取ったインスピレーションを、感情を以て判断する

 

 という機能を持っています。だから相性の良し悪しが感情としてダイレクトに反映されるため、分かりやすく表に出るのだと思うのですが、論理・思考タイプのINTJとENTPは、鏡像関係としてお互いの

 

似て非なるもの同士、でもやっぱり似てるっちゃあ似てる

 

 という部分が感情による「共感」とか「快/不快」で判断するものではないため、相性の良し悪しが感情タイプとは別の形で現れるのではないかと。

 だから良くも悪くも目に付く存在として、お互いにある意味で一目置いているタイプなのではないでしょうか。

 

 

 前回の記事に、INTJだけで行われたパネルディスカッション(進行役はINFJ)では恐ろしく硬質(笑)な雰囲気だったのに、ENFPを混ぜたら一気に空気が和らいで楽しそうに会話してしまう──という興味深い現象が見られる動画を貼りました。

 それを見ると「あれ、もしかしたらINFJよりもINTJのほうがENFPと相性がいいんじゃないの?」という気になってきます。あの落差は個人的になかなかの衝撃でした(笑)。

 海外の動画を見ていると「“INTJはロボットみたいだ”と言われる」というコメントを目にすることがあります。それを他の性格タイプの人たちがどう解釈しているのかは分かりませんが、同じ主機能Niを持つINFJ的には(というか個人の意見ですが)、そこにネガティブなイメージはとくにありません。

 

外の世界の仕組みを精査し、真実を見出すべく徹底的に絞り込んで答えを導き出す──

 

というところは共通するものがあるので、その「外の世界の仕組み」のどういった部分を見ているかは大きく異なるものの、構造的になんとなく理解できるからなのだろうと思います。

 INTJとINFJは主機能(第一)と劣等機能(第四)が同じNi-Seで、補助機能(第二)と代替機能(第三)が異なります。

 INTJのNi-Teと、INFJのNi-Feの違いはひとつ前の記事を見ていただくとして、第二・第三機能の違い(Te-FiとFe-Ti)からくる両者の特徴を比べてみても面白いものが見えてきます。

 このふたつの機能の違い(および似ている部分)を考えてみて、とりあえずひとつ気付いたのが

 

INTJは、結論に辿り着くために「余計なことは極力しない/余計なことはしたくない」

 

INFJは、結論に辿り着くまでに「余計なことはしたくないのにしてしまう/というかむしろ余計なことばかりする」

 

 ということ。

 INTJは外へ向かう意識が「思考」であるため冷静で客観的、そして内側への意識が「感情」なので冷静かつ自分軸。だからINTJはものすごく頭が良いのではないかと。

 それに対してINFJは外へ向かう意識が「感情」であるため、気持ちが外部の影響を受けまくります。

 そして内側へ向かう第三の意識が「思考」ですが、それよりも前にくる第二の意識である「感情」が揺れ動いていると「思考」に集中できません。そのため自身の中で答えを導きだすまでに時間がかかってしまいます。

 たくさんの情報をインプットしているはずなのに素早いアウトプットが苦手で、とくに会話ではうまく言葉が出てこないのはこういうところに原因があるのかなと、最近思うようになりました。間違ってたらあとで適当に修正します(笑)。

 

 

 INFJはNiが主機能であるにも関わらず、意外と「あっちこっちに目がいって集中が切れる」傾向があるように個人的に感じています。

 もしこれがINFJとして一般的な特徴なのだとしたら、人によっては

 

「自分はNiではなくNeなんじゃないか?」

 

 と考えることになり、でも内向型なのは間違いないので

 

「自分はINFPなのではないか」

 

 と迷ってしまうのかもしれません。

 私自身、しょっちゅう意識が別のところにいって集中できないことを自覚しているので(どちらかというと「集中できない」というよりも「集中する対象が瞬間的に別のことに移ってしまう」というのが正しいかも)初めの頃は自分はNeなのかなと思っていた時期があったのですが、今はそれはおそらく補助機能Feによって起こることなのだろうと考えています。

 常に外の人の感情に気を向けていて、なんなら気を向ける対象は人間だけではありませんし、さらに言えば部屋の中にひとりでいるような状態であっても頭の中では誰かとのシミュレーションや妄想(笑)が常に行われているので、Feから解放される時間は少ないように感じます。それこそが集中できないときは徹底的に集中できない理由、そして答えを出すまでに時間がかかる理由なんじゃないかと。

 逆にインプットするのは得意というのも、外の感情を取り入れるのが得意だからなのだろうと思います。その証拠に感情だとか意味を伴わないものであったり、心に訴えるものがない情報(数学的なものとか)をインプットするのはきっと苦手なはず。

 

 

(相性の話をしているはずがINFJとINTJの比較やINFJの特徴ばかり書いてしまって脱線しまくっておりますがここから戻りますので何卒ご容赦くださいw)

 

 これはどちらが良くてどちらが悪いというものでもなく、どちらもこの世界には必要な存在なんだと思います。全ての人が効率とか論理としての正しさ、正確さを突き詰めていけば理想的な社会が出来るかというと残念ながらそうではありません。私たち人間は大変不完全な生き物である以上、ある種のユルさとか曖昧さは必要ですし、非効率だったり論理的に正しくはなくても時にはそちらのほうを選択したほうが良いこともあります。

 そういった一点集中タイプの頂点ともいえる完璧主義なINTJの良さを活性化させるためには、外向型ならではの「外に向かっていく陽のエネルギー」と、ひたすら一点へと集中していくNiの視野を広げる外向きのインスピレーション(つまりNe)を持つタイプが合っているのかもしれません。陰と陽、収束と拡大、緊張と緩和。バランスが取れているということなのでしょうかね。

 さらに人と人との相性という意味では当然重要となってくる「感情」についても、Fiという共通項を持つタイプはお互いの感情の持ち方が理解できてよいのではないかなと思われます。実際INTJの外国人が上げている動画でFeについて語っているのを見てみると、やはり自分たちとは全く違う異質なもののように捉えている人がいるようですし。

 となると、Neを上位に持つ外向型(つまり主機能Ne)でFi持ちということになり、それはイコールENFPとなるわけでですね。(本当にしつこいですが個人の感想ですので…)

 自分が書いていることが正しいのであれば(正しいと思って書いてるんと違うんかい!っていう)主機能NiにとってはENFPが最も相性がいい──ということになりますが、もちろんロジックが全ての場合に当てはまるはずはなく、結局はその人の中身次第なのであくまでも組み合わせとしての相性という意味で受け取っていただければと思います。

 私も一番気を使わなくてなおかつ話が合って仲良くできる相手はENFPですが、イラッとするタイプのENFPというのも過去には周りにいましたから(笑)。

 

 

 さて、INTJもENFPと相性が良いっぽい──ということを踏まえて、ようやくここでINFJとENTPはどうなのかっていう点について考えていこうと思います。

 ……ですがここまできて何ですが、正直やっぱり「う~ん……どうなんだろう」という感じがするというか。。。

 たしかに話は面白いのかもしれないです。でも同時に、よく言われているようにイラっとする物言いをするのもこのタイプには多い、というのも分かる気がします。

 自分の知り合いでもENTPと思われる人がいました(過去形w)。その人とはふたりだけで長い時間過ごした場合でも話題に事欠くようなことはないので一緒にいて気まずくなることはないんですが、こちらが真面目に考え、気も遣って発した言葉を軽く茶化してみたりとか、質問に対して逆に質問を被せてくるようなところがあってそれにはちょっとイラっとさせられるんですよね(笑)。

 まぁそれでもなかなかに的確で鋭いことを言うし、明らかに自分より度胸も行動力もあるから長所もちゃんと見えるタイプでもあるんですよね。。だから心を許してはムカついて、の繰り返しが多い相手だったなぁと記憶しています(笑)。

 

 

 ちなみにENTPとされるハリウッド俳優のうち、分かりやすい人を挙げてみるとこんな感じです。

 

ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマン)

ジェフリー・ディーン・モーガン(ザ・ウォーキング・デッドのニーガン)

ライアン・レイノルズ(デッドプール)

ポール・ラッド(アントマン)

 

あと女性だとアナ・ケンドリックとか。

 

 女性はともかく、男性陣が非常に分かりやすくて笑えます(笑)。この人たちは他の出演作でもENTPっぽさが感じられますし。

 また顔付きというか、目の印象も特徴があるように感じます。ってかENTPに限らず、目とか目つきっていうのは性格タイプをよく表していますよね。

 個人的に「あぁ~なんか分かるわ~」と思う特徴的な目をもっていると感じるのはENFJ、INFJ、そしてENTPの3タイプ。ENTPに関しては目に加えて口元というか口角というか笑い方というか、その辺も特徴があるように見えます。自信があってちょっと意地悪そうな口角の上げ方、みたいな。

(※これは欧米人の顔を見ての話で、日本人については私はほとんどわかりません。あ、でも例のデータベースサイトでINFJとされる日本人の俳優の中に「いやいやこの人は絶対J型の顔じゃないだろ」っていう人がひとりいました。書いても面倒臭いことになるから言いませんけどw)

 

 

 なお映画やドラマの中のENTPとして挙げられているキャラをいくつか挙げるとこんな感じだそうです。

 

トニー・スターク(アイアンマン)

ニーガン(ザ・ウォーキング・デッド)

デッドプール(デッドプール)

スコット・ラング(アントマン)

レックス・ルーサー(DCエクステンデッド・ユニバース版)

ジョーカー(ダークナイト)

キャプテン・ジャック・スパロウ(パイレーツ・オブ・カリビアン)

タイラー・ダーデン(ファイト・クラブ)※ESTPと意見が割れているもよう←わかるw

アレックス(統計じかけのオレンジ)※こちらもESTPと意見が割れているもよう←わかるw

レット・バトラー(風と共に去りぬ)

フレディ(エルム街の悪夢)

ペニーワイズ(IT)

仮面とマントのアレ(スクリーム)※正式な名前は知りませんw

ドク(バック・トゥ・ザ・フューチャー)

サマー(500日のサマー)

 

 

おわかりいただけただろうか……

 

 

アイアンマン

ニーガン

デッドプール

アントマン

 

 この辺は役柄も演じている役者も両方ENTPだそうです。アントマンはちょっとマイナーですがそれ以外の3人は他の人が演じている姿が全く想像できないくらいに役にピッタリですもんね。なるほどといった感じです。完全に「ああ言えばこう言う」タイプ(笑)。

 ちなみにDCEU版のレックス・ルーサーを演じているジェシー・アイゼンバーグはINTP(わかるw)、ジョニー・デップはINFP、ブラピはISFPとされているようです。

 

 

 最後にトップの画像ですが、目潰しをし合っているのはINTJとENTPのイメージです。なんかうまく表せるものがないかなぁと探していて見つけました(笑)。たしか「目には目を」みたいなタイトルだったと思いますw

comment

タイトルとURLをコピーしました