三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューや外国語学習についてのブログ

【何か食べたい/何か飲みたい】かんたん! スペイン語の基本会話 No.025【質問や要望など】

投稿日:

 

共通

画像の中の文字で、黄色い箇所が強く発音するところです。

(文脈によって多少変わることもあるので常にこうなります、というわけではありません)

また、スペイン語では感嘆文や疑問文の場合、文頭に逆さまのびっくりマークやクエスチョンマークが入ります。

 

 

その25 「何か食べたいです」

 

Quiero comer algo

キエロ コメール アルゴ

(何か食べたいです)

 

「comer(コメール)」「食べる」という意味の動詞(の原型)です。

そして「algo(アルゴ)」「何か」という意味です。もし「何か」ではなく、具体的なものがあればその名前を続ければOKです。

 

Quiero comer sushi.

キエロ コメール スシ

(お寿司が食べたいです)

 

といった感じで。また食べ物ではなく飲み物がほしい場合は「食べる」の代わりに「飲む」という動詞「beber(ベベール)」を使います。

Quiero beber algo.

キエロ ベベール アルゴ

(何か飲みたいです)

 

といった感じです。

 

エリ
おまけ

「食べる」「飲む」という動詞はそれぞれ英語でいうところの「eat」「drink」にあたりますが、「食べる」「飲む」の両方で使える「tomar(トマール)」という動詞もあります。こちらは英語でいうところの「take」にあたるものと思われますので、「食べる」とか「飲む」という意味で使う場合は「摂る」「摂取する」といったようなニュアンスになる……のかなぁと思っているものの、ネイティブの人たちが使っているのを聞くとそこまで気にしてなさそうに感じるので(笑)、実際どうやって使い分けているのかは私も今イチよく分かりません。まぁ「take」の使い方と同じような感じなのでしょう…。

 

 

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信

三崎町三丁目通信の主筆・Kです(個人運営ですが)。映画の感想を中心に、趣味で続けているスペイン語学習(DELE A2取得で止まっています)と最近始めた英語学習のことなどを書いています。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-SPANISH
-,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2019 All Rights Reserved.