三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューや外国語学習についてのブログ

【~~に住んでいます】かんたん! スペイン語の基本会話 No.029【自己紹介の続き】

投稿日:

 

共通

画像の中の文字で、黄色い箇所が強く発音するところです。

(文脈によって多少変わることもあるので常にこうなります、というわけではありません)

また、スペイン語では感嘆文や疑問文の場合、文頭に逆さまのびっくりマークやクエスチョンマークが入ります。

 

 

その29 「~~に住んでいます」

 

Vivo en Tokio.

ビボ エン トキオ

((私は)東京に住んでいます)

 

「住む」という動詞「vivir」(ビビール)の一人称単数・現在形が「vivo」(ビボ)で、英語の「live」にあたります。

(YouTubeにある音楽関連の動画で、サムネイルに「vivo」とか「en vivo」と書いてあるのを見かけることがあるかもしれませんが、あれは「ライブの」「生の」という意味の形容詞で、ここで使われる「vivo」とは違います。その辺も英語と同じですね)

「en」(エン)「~の中に」という意味で、英語でいうところの「in」です。ですので、「I live in Tokyo.」と同じ意味のスペイン語として「Vivo en Tokio.」となります。

 

以前にも説明しましたが、スペイン語では英語と違って人称によって動詞が全て変化しますので、「vivo」(ビボ)と言ったら必ず「私は住む」という意味になります。

ですので、「私」を意味する主語の「Yo」(ヨまたはジョ)を省いても意味が通じるため、しばしばこの主語は省略されます。もし省かなかった場合は

 

Yo vivo en Tokio.

ヨ(ジョ) ビボ エン トキオ

 

となります。また「東京」も「トーキョー」ではなく「トキオ」となって綴りも「Tokio」となります。空を飛ぶぅ~~

 

ペドロ
おまけ

「私」ではなく他の人について言いたい場合はこのようになります。

 

「(君は)スペインに住んでいますか?」

¿Vives (tu)  en España?

ビベス (トゥ) エン エスパーニャ?

(ンとエは繋がるようなイメージで「エネェスパーニャ?」が自然です)

 

「彼は京都に住んでいます」

Él vive en Kioto.

エル ビベ エン キオト

 

(三人称の場合は「彼」なのか「彼女」なのか「誰それ(名前)」なのか分からなくなるので主語は省略しません。その前の会話の脈絡から誰のことを指しているのかが明確な場合は省略できます)

「京都」も「キオト」となります。この変化の基準は私も分かりません(笑)。「極真空手」を「キオクシンカラテ」とは言わないと思いますし……

 

 

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信

三崎町三丁目通信の主筆・Kです(個人運営ですが)。映画の感想を中心に、趣味で続けているスペイン語学習(DELE A2取得で止まっています)と最近始めた英語学習のことなどを書いています。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-SPANISH
-,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2019 All Rights Reserved.