【おめでとう!】かんたん! スペイン語の基本会話 No.079【お祝いの言葉】

おめでとう! SPANISH

 

その79 「おめでとう!」

 

¡Felicidades!

フェリシダーデス

(おめでとう!)

 

結婚や誕生日、仕事の昇格などいろんな場面で使える「おめでとう!」のフレーズです。

この他に、主に「成功・達成したことに対してのお祝いの言葉」として使われる

 

 

¡Enhorabuena!

エノラブエナ!

 

というのもあります。ちゃんと勉強してスペイン語で「会話」するわけではないのですから、とりあえずお祝いの場面でしたらどちらを使ってもよいのではないでしょうか(笑)。

 

ちなみに「Enhorabuena」のほうは

 

「en」(エン) …に/…で/…の中に(で)

「hora」(オラ) 時・時間

「buena」(ブエナ) よい

 

がくっついてひとつの単語になったもので、直訳すれば「よき時に」みたいな感じでしょうか。

ポストカードなどによく書いてあったりして定型フレーズとして有名なので、ご存知の方も多いかもしれませんが

 

「誕生日おめでとう!」

「メリークリスマス!」

「あけましておめでとう!/新年おめでとう!」

 

という代表的な3つのフレーズも見ていきましょう。

 

¡Feliz cumpleaños!

フェリス クンプレアニョス!

(誕生日おめでとう!)

 

¡Feliz Navidad!

フェリス ナビダー!

(メリークリスマス!)

 

¡Feliz Año Nuevo!

フェリス アニョ ヌエボ!

(あけましておめでとう!/新年おめでとう!)

 

「誕生日おめでとう!」「あけましておめでとう!」などは他の言い方もありますが、これらよりも少し長いので取り上げません(笑)。

 

かんたん! スペイン語の基本会話 記事一覧はこちらです

 

表記について

画像の中の文字で、黄色い箇所やアクセント記号付きの文字(é、áなど)が強く発音するところです。

…が、相手への問いかけだったり文脈の流れ、強調の具合などのニュアンスによって変わってきたりしますので、必ずしもこの通りとは限りません。

さらにこのシリーズを作っていて、少しずつその辺が統一されなくなってきましたので(笑)、イントネーションの強弱ポイントにつきましてはあくまで参考程度として見ていただけると嬉しいです。

 

 

comment

タイトルとURLをコピーしました