三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューや外国語学習についてのブログ

【はじめまして/どうぞよろしく】かんたん! スペイン語の基本会話 No.013【挨拶・自己紹介】

投稿日:2018年9月26日

 

共通

画像の中の文字で、黄色い箇所が強く発音するところです。

(文脈によって多少変わることもあるので常にこうなります、というわけではありません)

また、スペイン語では感嘆文や疑問文の場合、文頭に逆さまのびっくりマークやクエスチョンマークが入ります。

 

 

その13 「はじめまして(どうぞよろしく)」

 

Mucho gusto.

ムチョ グスト

(はじめまして/どうぞよろしく)

 

 

初対面の人と挨拶するときに使う言葉です。「はじめまして」「どうぞよろしく」の2つの訳を入れていますが、どちらのニュアンスも含まれます。

 

また同じく「はじめまして」という意味で用いられる他のフレーズもありますので、それは次で紹介します。「Mucho」は基本「ムーチョ」と言いますが、この「Mucho gusto」の場合、伸ばすか伸ばさないかの中間くらいで「ムゥチョ」と言うような感じが自然かなと思います。もちろん「ムーチョ」と言っても全く問題ありません。

 

 

ペドロ
おまけ

「Mucho」は以前に紹介した通り「多くの/多数の/何度も」といった意味の形容詞で、「gusto」「喜び」「満足」といったような意味の名詞です。(全く同じ意味といっていいのかは分かりませんが、いちおう英語の「gusto」にあたる名詞)

 

男性名詞なので、前に入る形容詞も「Mucha」ではなく「Mucho」になります。

 

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信

三崎町三丁目通信の主筆・Kです(個人運営ですが)。映画の感想を中心に、趣味で続けているスペイン語学習(DELE A2取得で止まっています)と最近始めた英語学習のことなどを書いています。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-SPANISH
-,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2019 All Rights Reserved.