【私の不思議体験①】あれはアブダクションだったのか?【オカルト】

OTHER

 世の中にはもっともっとどエラい体験をされている方がたくさんいらっしゃるようですので、それに比べたら大したことはないかもしれませんが、子どもの頃からときどき不思議な体験をすることがありました。

 ですが高校2年のときに起きた出来事を最後にそういったことは起こらなくなり、今では単なるオカルト・陰謀論好きの中年として日々を生きております(笑)。

 ただその不思議な体験の中でもとくに2つの出来事についてはそれが何だったのか今でもずっと気になっていて、いつかそういうのを見抜ける人、知っている人に訊いてみたいと思っています。

 霊能力的なものを持っている方などに個人的にお願いするのも良いのですが、今はこういったオカルト・都市伝説系の情報をネットで発信している個人やメディアは多いですし、個人鑑定のようなクローズドな場よりも、そういった発信者の方に伺ってみたほうが本当のことが分かるのかも…と最近ちょっと思うようになりました。

 で、今後もしそういった方に相談して取り上げてもらえたりした場合に、この話が本当に自分の身に起きたことである証拠として、ここにその2つの出来事について書いておくことにしました。

 このブログはそもそものジャンルも全く別モノですし匿名でやってるものではありますが、それでも自分なりに健全さを心がけて運営しておりますので(笑)、それを担保として自分の体験が真実であるという証明としたい──ということで。

 

 

1982年1月4日に起きた出来事

 今回は1982年の1月4日に起きた出来事を書いていきます。こんなに昔のことなのに日付もはっきり覚えているくらいだから、自分の中では今もずっと尾を引く体験だということをお察しいただけたら幸いです。

 

 年がバレますが、小学校4年生の冬休み中にそれは起きました。

 正月の三ヶ日が終わり、お店もだんだんと開いてくる4日、私は「欲しいものがあるから文房具店に行きたい」と親にお願いし、父親が車を出して出かけることになりました。またこのとき姉も一緒についてくることになったのでした。

 

 早く出かけたくてうずうずしていたのか、私は先に車に乗って後部座席で待っていることにしました。

 

 

 そして次に気がついたとき、私は自宅の茶の間でこたつに入って寝ていたのでした……

 

 

 その間の記憶は全くありません。車に入ってから記憶をなくすまでのことも覚えていません。ちょうど手術で全身麻酔をかけたれたときに(数年前に経験あり)知らない間に意識を失うのと同じような感じなのかもしれないし、何かの理由で記憶がなくなっているのかもしれません。

 ですが記憶が戻ったときの感覚は今でもはっきり覚えています。

 

 何がどうなっているのか全く理解できない自分は、家族に「あれ…、俺どうしたの?? なんでここにいるの???」(方言がきつい地方なので言い回しは変えています)と尋ねました。

 ところがそのときの自分に対する家族(父と姉)の反応は、いろんな意味でショックを受けるものだったのでした。

 

 まずですが、自分の子どもが意識を失っていた状態から目を覚ましたというのに、大層不機嫌で憮然とした態度でした。なぜ機嫌が悪いのか、もちろんこちらはさっぱり分かりません。

 そして一緒に同乗していた(ことになっている)が、やはりこちらも不機嫌さMAXといった雰囲気ながら、車で出かけてからの出来事を話してくれました。

 


 

ここで場所の補足を先にしておきます。

 

・目的の文房具店は、私が通っていた小学校の向かいにあり、自宅からそこまでは徒歩25分くらい

・私がその後通うことになる中学校は自宅の近くにあり、徒歩6~7分ほど

・その中学校の近辺には文房具店はもちろん、何のお店もありません

・その小学校と中学校は、全く別の方向にあり、自宅を出て道を左に行くのが小学校、右に行くのが中学校

※当時小学生で文房具店のある小学校は普段毎日通っていたわけですから、普通に考えたら忘れるはずはありませんし、記憶障害などの症状も自分にはありませんでした。(ただ小学校から帰宅するとき、家のすぐ近くまできたのに、突然家が分からなくなって怖い思いをしたことが数回ありました。これは障害や病気ではなくオカルト的な現象だと感じています)

 


 

 姉曰く、目的の文房具店へ着いたあと、私は車から降りてフラフラとその辺を歩いたり、「○○(文房具店の名前)ってここじゃなくて中学校の前にあったんじゃなかったっけ」みたいな訳の分からないことを言い出したりしたので、結局買い物はせずに帰ってきたのだそうです。

 あとちょっとこの辺は年月がだいぶ経ったため記憶が曖昧ですが、中学校の前まで一応車で連れていったとも話していたと思います。で、そこでも様子が変なのでそのまま帰ってきた──とのこと。

 

 

 全く覚えていません。

 

 

 それにそう聞かされても、自分がそんな行動を取ったとはどうしても思えない──そんな感覚でした。

 

 

 私には兄もいるのですが、その兄には「頭おかしくなったんじゃねーの? 大丈夫かお前?」みたいに茶化した感じで言われたりしましたが、こちらがあまりにも真剣に不安がっていることもあって多少真面目に心配してくれていたように記憶しています。

 

ですが父と姉は不機嫌なままでした。

 

 私は世代的に完璧に『ムー』『ノストラダムスの大予言』『あなたの知らない世界』『矢追純一のUFO特集』世代ですので(笑)、自身に起きたこの出来事は宇宙人によるアブダクション(もしくは何かの霊的なオカルト現象)に違いないと思っていて、大人になってからも友人・知人に半分冗談っぽくですがこれについては結構語ってきました。

 

 ですがもしこれがアブダクションだとしたら、父と姉という同行者の存在と姉の証言は何なのか、ということになります。

 

 その問題がクリアにならないので、結局誰かに話すときには「アブダクションされたかもしれないんですよ〜」なんて言ったりはするものの、自分自身が100%そうだという確信を持てていなかったのも事実です。

 

 

 が。

 

 

 今改めて思い返してみても、やっぱりどうにもモヤモヤする部分があり、湧いてくるある疑念を消すことができないでいるのです。

 


 

ここで再度補足をしておきます。

 

私の家族に対する気持ちとか印象についてですが、父と姉については「(申し訳ないけど)あまり信用できない人間」という印象を持っていましたこの出来事がある前からそう思っていたのか、それともこの日の体験以降そう感じるようになったのかは覚えていませんが、とにかく「この人たちは明らかに自分とは違う考え方をする人間だ」と思っていたことは確かです。

 反対にうちの母は、良くも悪くも非常に私と似たところがあって、間違いなく親子だと思わざるを得ないといった感じの人でした。要するに普通の親と子です(笑)。兄については、自分とは違うなタイプの人間ではありますが、単に性格が違うというだけで、父と姉のような「血を分けた家族のはずなのに何かが違う」という印象はありません。

 ちなみに血液型は私と母が同じで、父・姉・兄が同じ血液型。

 


 

 

おかしな点

 話を戻します。

 補足でも書いたように、私は父と姉は自分とは人としての何かが違うと感じています。(好きとか嫌いとかいうのとは別のこととして)

 そしてこのときの出来事はある意味それを証明する形となりました。

 

 自分の息子(もしくは弟、しかもまだ小学4年生)が明らかに様子がおかしいのに、心配するどころかふたりして憮然とした態度を取るっていうのは不自然ではないでしょうか。

 

 さらに姉の証言もどこか変なところがあり、

 

 「○○(文房具店の名前)ってここじゃなくて中学校の前にあったんじゃなかったっけ」といったことをその文房具店を前にして私が言っていたのであれば「何言ってんだよ、じゃあここは何なんだよ」みたいなツッコミを入れるはずですし、それを言ってもこちらがぼんやりしているのであればやはり異変を感じて心配するのが普通じゃないかと。

 

 また、先ほども書いたように記憶が曖昧ではあるですが、その後中学校の前にも行ってみたというのもおかしな話なのです。

 

 当時姉はすでに高校生でしたが、ちょっと前まではその中学校へ通っていたのでそこに何もないのは当然知っています。ですから謎行動・謎発言をしている私(あくまでも姉の証言ですが)の言うことを聞いて文房具店のある小学校前からわざわざ離れた場所にある中学校前へ行ってくれたとは思えないのです。

 

 あと自分自身の状態についても違和感ありありだったりします。

 

 まず第一に「意識を失う」という経験はしたことがありません。(手術のときの全身麻酔が2回目です)

 ってか普通、突然意識を失って突然意識が戻る──なんてこと、ありませんよね? 何かの疾患によって突然猛烈な眠気に襲われ意識を失ったりといったものとも違いますし、その後一度も同じようなことはありません。もちろん睡魔によっていつの間にか寝ていた──という類のものでもありません(目覚めたときに別の場所にいたわけですし)。感覚としてそれとは全く違います。

 

 さらに言えば、子どもの頃から今現在も変わらず、私はほぼ毎回寝れば何かしらの夢を見ています。起きた瞬間全部忘れることのほうが圧倒的に多いのですが、少なくとも「何かの夢は見ていた」ということは自分で分かります。(まぁ実際は夢を見てないときもちょっとはあるのかも知れませんけど…)

 ですがこのときは、夢らしきものを見た記憶、体感が全くなく、そして目が覚めるときにまるで「パチッ」とスイッチが入ったかのようなはっきりとした「ONになった」感覚があったのでした。うまく説明できないのがもどかしいところですが、とにかく「普通の睡眠ではなかった」ということだけは確かです。

 

 すっかり書き忘れていましたが、私が車に乗ってから茶の間のこたつで目を覚ますまで、記憶ではだいたい2時間くらいが経っていました。

 

 そんなふうに意識を失って急にまた目覚めるというのも変だし、その間に謎行動・謎発言をしていたというのはもっと不可解です。自分がそんな謎行動を取ったなんて今でも信じられません。っていうか信じていません。

 

 そうなると父と姉の証言(今まで姉の証言だけを書いてきましたが、もちろん同じ茶の間にいるわけですから父も途中で口を挟むことはありました)が嘘なのか──だとしたら何故そんなことを??? もしくは父と姉には別の記憶が植え付けられているとか??? ふたりの証言が嘘であれ本当であれ、そのときの自分に一体何が起きていたのか???

 

 

 あれから38年近くが経ってしまいましたが、可能であれば真実が知りたいです。

 

 退行催眠という方法もあるようですが、これをしたことで自ら封印していた恐ろしい記憶を呼び戻してしまい発狂するケースなんかもあるようなので、それを聞くと怖くて出来ないかなぁ……

 

 ちなみにこの出来事があってから約1年後、とあるアクシデントで頭を強く打って一週間入院するという出来事がありました。最初の3日間は高熱&吐きまくりで、今振り返ってみるとこのときは死にかけたのかもしれません。まぁとくにオカルト系とは関係ないかもしれませんけど(笑)。

 

 

 以上が自分の中でとくに気になっている2つの不思議体験のうちのひとつです。

 次回は高校2年の部活後の自主練タイムに起きた出来事、そして今までの人生で最も怖かった出来事である、

 

 

自分の身体が乗っ取られて「自分」という存在(=精神や魂、自我など)を徐々に消され「無」にさせられそうになった体験

 

 

 について書いていこうと思います。…っていうかまぁ普通こんな文言を見せられたら

 

「うわっ、コイツやべぇ奴じゃん…」

「ってかすげぇインチキ臭ぇんだけどww」

 

 とか思われそうでとっても嫌なんですが(笑)、この体験を言葉にして伝えるのは本当に難しく、今までも人に正確に説明できたことがないんだから仕方がないとしか言えないのです。。

 

 なおこのときの体験により、

 

人が「自分」だと思っているものは身体ではなく、意識とか思考をしている「自分」という存在の元は脳でもなければ心臓でもない。そして死によって肉体から離れることになっても「自分」という存在は“通常であれば”消えることはない

 

 ということを実体験として知ることとなったのでした。だからこそ、それが無にされそうになったことが人生最大の恐怖だったわけです。

 

【私の不思議体験②】「自分」を消されそうになった話【オカルト】
...

comment

タイトルとURLをコピーしました