三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューが中心のエンタメ系ブログ

『ツイン・ピークス ザ・リターン』

『ツイン・ピークス ザ・リターン』最終話・第18章【吹替え版】の検証

投稿日:2017年11月27日

 

(今回はネタバレあります)

 これまでずっと『ツイン・ピークス ザ・リターン』が面白いと言い続けてきましたが、昨日ついに最終話が放送されました。ついにこれで最後かと思うとなんとも寂しい限りです。

 とにかく面白いんだけど最初のほうは謎展開ばかりで、ちゃんと収集つくんだろうかと思っていたら、段々と点と点が繋がってきて(といっても相変わらず不明なところも多かったのですが)、ラスト前の2話、第16章・17章での盛り上がり方は異常ともいえるものでした。まさかクーパーがそこまで戻って正していこうとしているとは!!!…と、それはもう期待しまくりだったので先週の時点で「なんという大団円!」とでも書くつもりで昨日の放送日を楽しみに待っておりました。

 

 

 

 

「えっ」

 

 

 

えっと…

 

 

 

 まぁ2~30分くらい経ったところで「あれ、これって最終話だったよね?…」と番組表を確認するくらい、これまでのスピード感と比べるとあまりにもスローすぎる展開に嫌な予感がしなくもなかったんですが、いやーそうきましたか。。といったなんともクリフハンガーなエンディング……いや、あれはあれで完結したと言えなくもないのかもしれないようなそうじゃないような。とにかく大団円ではないことだけははっきりしています。。

 これを書いている現時点では日本の方のレビューやネタバレは見ないようにしているのでどういう解釈がされているのかは分かりませんが、YouTubeやブログなどで海外の方が議論しているのを(英語が解らないなりに)見てみると「リチャードとリンダとは誰か」「ジュディとは?」「どうしてこうなったw」ということについていろいろと興味深い解釈が出ているようです。なかには強引なものもあるようですが(笑)

 

 というわけで次のページでキーワードとなる(かもしれない)部分を挙げてみようと思います。

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人

33press管理人

2012年より某地方在住。映画と音楽と雑学とスポーツ観戦が好きで、2017年下半期はツイン・ピークスの新シリーズにはまっていました。フリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナーをやってます。 びっくりするくらい将棋が弱いです。16年にDELE A2に合格。A2てw

-ENTERTAINMENT
-

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2018 All Rights Reserved.