音楽

スポンサーリンク
ENTERTAINMENT

映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! 』──人名・店名ともに意味がある【エドガー・ライト&サイモン・ペグ&ニック・フロスト】

 とにかく大好きな映画なのですが、 『ショーン・オブ・ザ・デッド』 『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』  とこの『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! 』の3作を称して 「コルネット3部作」 ...
ENTERTAINMENT

映画『クロウ/飛翔伝説』②──DVDの特典映像やブックレット、雑誌の特集などから作品を紐解く【本棚通信⑨】

 前回のレビューではブランドン・リーの遺作であり今なおカルト的人気を誇る『クロウ/飛翔伝説』について、原作との関連性やバイレンス以外の「善なる部分」が物語に大きな魅力を与えていた点についてなどを書いていきましたが、今回は ・ブランドン...
ENTERTAINMENT

【解説】映画『LOOP/ループ -時に囚われた男-』──加算型ループ映画、そしてミシェル・ゴンドリーのMVとの共通点

※後半にミシェル・ゴンドリーによる名作ミュージック・ビデオを多数紹介しています  今回取り上げる『LOOP/ループ -時に囚われた男-』は、2016年のハンガリー映画です。原題の『HUROK』はハンガリー語でそのまんま「ループ」という...
ENTERTAINMENT

映画『ロスト・イン・トランスレーション』──マニックスのMV、そして『TOKYO-POP』へと遡るトーキョー異邦人物語

※タイトルと本文内で「PV」としていた箇所は「MV」に修正しました。PVでも間違ってないとは思うのですが、よく考えたら今はMVと表記するほうが自然なのかなということで。  今からおよそ15年ほどの東京を舞台とした、2003年公開(日本では...
ENTERTAINMENT

映画『恋する惑星』──「制服が似合うね」「私服もすてきよ」【本棚通信⑥】

ウォン・カーウァイ監督の'94年の作品『恋する惑星』は、'95年の日本公開当時もかなり話題になり大ヒットしましたが、今も色褪せることのない魅力溢れる映画です。ここでは作品の特徴や使用された楽曲の解説、そしてパンフや当時の雑誌に載っていた監督のインタビューから興味深い箇所を引用して紹介していきます。
ENTERTAINMENT

映画『LIFE! (The Secret Life of Walter Mitty)』──その一歩で、世界は変わる

ベン・スティラー監督、主演の『LIFE! 』(原題:The Secret Life of Walter Mitty)は、現状から一歩だけ前へ踏み出すことで世界は変わるんだということを教えてくれる名作。感想のほか「ウォルター・ミティ」という名前の意味、パンフ内の補足情報、音楽やキャストについて書いています。
ENTERTAINMENT

【ライブ】MY BLOODY VALENTINE Live@2018/08/15 Tokyo:Toyosu Pit

2018年8月15日(水)東京:豊洲PITで行われたmy bloody valentineのライブを見てきたのでその感想とセットリスト(収録アルバムorシングル名付き)を書きました。耳が多少おかしくなりましたが翌日のうちに治りました(笑)。
ENTERTAINMENT

映画『ヤング≒アダルト』(ネタバレ)──正しい道を歩みなさい

シャーリーズ・セロンがイタいアラフォー女を演じた映画『ヤング≒アダルト』。日本では「あなたは、ワタシを、笑えない」というキャッチコピーがついていましたが見ていくと本気で笑えない部分も。“本当の自分”探しに成功してグッドエンド…となるかと思いきやそうではない結末と、楽曲についての感想などを書きました。
ENTERTAINMENT

映画『ONCE ダブリンの街角で』【ジョン・カーニー監督:音楽3部作①】──「音楽の魔法」が生まれた第1作。

ジョン・カーニー監督による音楽3部作の1作目『ONCE ダブリンの街角で』。『はじまりのうた』『シング・ストリート 未来へのうた』へと続いてゆく溢れる音楽への愛情と、ひとりだけで鳴らした音・歌が仲間と融合して曲になっていく瞬間の高揚感や細かい描写について、また主演の二人のサイトについても紹介しています。
ENTERTAINMENT

映画『シング・ストリート 未来へのうた』【ジョン・カーニー監督:音楽3部作③】──“すべての兄弟たちに捧ぐ”

『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』に続くジョン・カーニー監督の“音楽3部作”は、80年代のダブリンが舞台の音楽少年の成長と青春を描いた『シング・ストリート 未来へのうた』。中学生の話かよ…と侮ることなかれ、曲の素晴らしさはもちろん、2周目以降はきっと涙する兄弟愛について取り上げました。
ENTERTAINMENT

映画『はじまりのうた』【ジョン・カーニー監督:音楽3部作②】──見たあと、なにかはじめたくなる。

『ONCE ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督による音楽3部作の真ん中『はじまりのうた』は夏のNYが舞台。他の2作もそれぞれ傑作ですが、最高に気分が上がる今作の、一体どの辺が素晴らしかったのかを詳しく取り上げました。また彼らにとっての「はじまりのうた」とは何だったのか、についても書いています。
ENTERTAINMENT

『MILES AHEAD/マイルス・デイヴィス空白の5年間』──演じた本人が一番気持ちいいんだろうな、っていう映画

 『オーシャンズ~』シリーズや、最近だと何といっても『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』のウォーマシン役でお馴染みのドン・チードルが監督・製作・共同脚本・主演を努め、クラウドファンディング...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました