タイムリープもの

スポンサーリンク
ENTERTAINMENT

映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』──結末を知ってから気付く様々なこと【検証】

 タイッサ・ファーミガ主演の映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』は、2014年公開の作品。数年前にテレビで見たのですが、HDDに残っていたので改めて見てみました。  というのも先日、同じく録画しておいてずっと放置していたニコール・キッドマン...
ENTERTAINMENT

【解説】映画『LOOP/ループ -時に囚われた男-』──加算型ループ映画、そしてミシェル・ゴンドリーのMVとの共通点

※後半にミシェル・ゴンドリーによる名作ミュージック・ビデオを多数紹介しています  今回取り上げる『LOOP/ループ -時に囚われた男-』は、2016年のハンガリー映画です。原題の『HUROK』はハンガリー語でそのまんま「ループ」という...
ENTERTAINMENT

映画『LOOPER/ルーパー』──タイムリープ系の良作④【ブルース・ウィリスが2度撃たれた意味は?】

 「タイムリープ系の良作」シリーズとして、これまで『ミッション:8ミニッツ』『ジャケット』『12モンキーズ』を取り上げてきましたが、今回はライアン・ジョンソン監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ブルース・ウィリス、エミリー・ブラント主演の...
ENTERTAINMENT

映画『12モンキーズ』──タイムリープ系の良作③【キャサリンはジェームズのことを知っていた?】

 ずいぶん間隔が開いてしまいましたが、以前「タイムリープ系の良作」シリーズとしてレビューを書いた『ミッション:8ミニッツ』『ジャケット』に続いて、今回は日本では1996年に公開された『12モンキーズ』について書いていこうと思います。 ※こ...
ENTERTAINMENT

映画『ジャケット』(ネタバレ&考察)──タイムリープ系の良作②【裏?設定あり】

タイムリープ系の良作その①として先日取り上げた『ミッション:8ミニッツ』に続き、今回は2005年の『ジャケット』についてのレビューです。切なくも美しい物語ですが、なんと真逆とも言える「裏設定」的なものがあるようです。純粋に感動した人向けレビューと、問題の裏設定についてを、2ページに分けて書きました。
ENTERTAINMENT

映画『ミッション:8ミニッツ』(ネタバレ&考察)──タイムリープ系の良作①【図説入り】

映画『ミッション:8ミニッツ』は、ジェイク・ギレンホール主演の所謂“タイムリープ系”の作品。個人的にはアメリカのタイムリープ系映画で上位3つか4つに入る作品だと思っているのですが、どうしても辻褄が合わない箇所があることに気付いてしまいました。あと編集ミスwも発見したので、その辺について書いています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました