イギリス

ENTERTAINMENT

映画『トゥモロー・ワールド』──“神”を見た人々の反応、人が持つ“役割”の違い、宗教的メタファーなど【セオの靴】

 映画『トゥモロー・ワールド』はアルフォンソ・キュアロン監督が『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の次に手がけた2006年公開の作品。  アルフォンソ・キュアロンといえば、一昨年のNetflix配信作『ROMA/ローマ』や2013年の『...
ENTERTAINMENT

映画『リトル・ヴォイス』(’98)──周りの毒っ気はもう少し控えめでもよかったかも【ジェーン・ホロックス】

 1998年制作・99年公開のイギリス映画『リトル・ヴォイス』は、主演を務めるジェーン・ホロックスの類いまれな才能──ジュディ・ガーランドやマリリン・モンロー、マレーネ・ディトリッヒやシャーリー・バッシーなどの声色をそっくりに真似て歌うこと...
ENTERTAINMENT

映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! 』──人名・店名ともに意味がある【エドガー・ライト&サイモン・ペグ&ニック・フロスト】

 とにかく大好きな映画なのですが、 『ショーン・オブ・ザ・デッド』 『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』  とこの『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! 』の3作を称して 「コルネット3部作」 と呼ばれ...
ENTERTAINMENT

映画『移動都市/モータル・エンジン』──やたらと感じるスター・ウォーズ的な要素と、主役は誰なんだ問題

 映画館でチラシを見て気にはなったものの結局観ずじまいだったこの『移動都市/モータル・エンジン』。  Netflixやamazon primeでリストに入れていたままだったのですが、今回ようやくの鑑賞となりました。  ちなみにこれを見た...
ENTERTAINMENT

映画『マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』(ネタバレ)──サイモン・ペッグ meets キモ男w

 サイモン・ペッグ主演のロマンティック・コメディ映画『マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり』は、当初WOWOWで『マン・アップ! 恋のロンドン狂騒曲』というタイトルで放映されたのち、「カリテ・ファンタスティック!シネマ・...
ENTERTAINMENT

映画『ミラクル・ニール!』(ややネタバレ)──サイモン・ペッグ meets モンティ・パイソン

 主演サイモン・ペッグ、相手役にケイト・ベッキンセイル、さらに銀河を牛耳っているエイリアン「評議会」の声をモンティ・パイソンの面々(監督もモンティ・パイソンのテリー・ジョーンズ)、そして犬のデニスの声はこれが最後の出演作となったロビン・...
ENTERTAINMENT

映画『Vフォー・ヴェンデッタ』(ネタバレ)──時代はこの映画に追いついてしまうのか【追記あり】

 『マトリックス』シリーズで助監督を努めたジェームズ・マクティーグの監督デビュー作で、製作・脚本は『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉妹(表記が兄弟→きょうだい→姉妹へと変更)、そして主演が『マトリックス』シリーズでスミスを演じ...
タイトルとURLをコピーしました