映画

スポンサーリンク
ENTERTAINMENT

【考察】映画『ふたりのベロニカ』──ふたりの役割、オープニングとエンディングの繋がり、そしてふたりを知る唯一の人物について【ツインレイ】

 1991年公開(日本での公開は翌92年)の映画『ふたりのベロニカ』。  ポーランド出身のクシシュトフ・キェシロフスキ監督は今作のあと「トリコロール三部作」と呼ばれる3本の映画『トリコロール/青の愛』『トリコロール/白の愛』『トリコロール...
ENTERTAINMENT

【ジム・ジャームッシュ監督作】映画『デッド・ドント・ダイ』──思いのほかロメロ風味【DDD】

 コロナ禍での社会生活の大きな変化により、しばらく行けていませんでしたが先日久しぶりに映画館で映画を観てきました。  大きな劇場では過去の大作を再上映しててそっちも気になったんですが、今回はミニシアターにてジム・ジャームッシュ監督の最新作...
ENTERTAINMENT

映画『ゾンビランド:ダブルタップ』──各キャラの地名分布図付き【主に人物紹介】

 あの『ゾンビランド』にまさかの続編がw ということで映画館へ観に行こうか迷ったこの『ゾンビランド:ダブルタップ』でしたが、結局レンタル(配信)で見ることになりました。まぁその判断は間違ってなかったかも…という感じです。  面白いのは...
ENTERTAINMENT

映画『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! 』──人名・店名ともに意味がある【エドガー・ライト&サイモン・ペグ&ニック・フロスト】

 とにかく大好きな映画なのですが、 『ショーン・オブ・ザ・デッド』 『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』  とこの『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う! 』の3作を称して 「コルネット3部作」 ...
ENTERTAINMENT

映画『クロウ/飛翔伝説』②──DVDの特典映像やブックレット、雑誌の特集などから作品を紐解く【本棚通信⑨】

 前回のレビューではブランドン・リーの遺作であり今なおカルト的人気を誇る『クロウ/飛翔伝説』について、原作との関連性やバイレンス以外の「善なる部分」が物語に大きな魅力を与えていた点についてなどを書いていきましたが、今回は ・ブランドン...
ENTERTAINMENT

映画『クロウ/飛翔伝説』①──原作との関連性、そして今なお支持される魅力の理由とは【ブランドン・リー】

 1994年に公開された映画『クロウ/飛翔伝説』──  今もなおファンの心を摑んで離さないダークヒーロー映画の傑作である今作は、カルト的人気を博していたコミック『THE CROW』が原作。  強烈なバイオレンス描写にポエティック台詞...
ENTERTAINMENT

【考察】映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』──ラストシーンの解釈について【最後はどうなった?】

※このレビューで「ラストシーンの解釈について」書いている箇所は、サイト『インターネット・ムービー・データベース』内にある本作品ページのFAQ「映画のラストでサムは何を見たのか? 彼女はリーガンが飛び去るのを見たのか?」を大いに参考にさせてい...
ENTERTAINMENT

【改訂版】映画『パターソン』──ふたつのものが同時に存在する意味は(双子・白と黒・バスでの会話など)

 当ブログはたしか20107年の9月下旬あたりに始めたのですが、その頃に観た映画のひとつがこの『パターソン』でした。  レビューを書いてはみたものの内容があまりにもペラペラだったのがずっと気になっていて、いつか書き直したいと思っていた作品...
ENTERTAINMENT

映画『ドリームハウス』──ホラーや超常現象系ではありません【考察】

 ダニエル・グレイグ、レイチェル・ワイズ、ナオミ・ワッツ主演のサスペンス映画『ドリームハウス』は2011年の作品。  ダニエル・グレイグとレイチェル・ワイズはこの作品での共演がきっかけで交際がスタートし、同年に結婚することとなりました。 ...
ENTERTAINMENT

映画『恋恋風塵』──数々の名作が並ぶ台湾青春映画の先駆け的作品【ホウ・シャオシェン監督作】

 80年代の台湾で、若手監督たちを中心に展開された映画界の新しい波「台湾ニューシネマ」。ちなみに「ヌーヴェル・ヴァーグ」とは“新しい波”という意味。  その中心的存在だった監督のひとり、ホウ・シャオシェン(侯孝賢)の作品『恋恋風塵』(...
ENTERTAINMENT

映画『メイド・イン・ホンコン』──若さと恋とノーフューチャーと【フルーツ・チャン監督作】

 1997年7月のイギリスから中国への返還が間近に迫った香港が舞台の映画『メイド・イン・ホンコン』は、フルーツ・チャン監督による「香港返還三部作」の第一作となる作品。  フルーツ・チャン監督の映画では、この「香港返還三部作」の後に作ら...
ENTERTAINMENT

映画『グッバイ、レーニン!』──ドイツ再統一で「東側」の人々が得たものと失ったもの【ダニエル・ブリュール&あの映画の美少女】

 映画『グッバイ、レーニン!』は日本では2004年に公開された作品。今見てみるととにかく主演のダニエル・ブリュールが若い! という印象ですが、内容的にもこの映画の背景にあったものを知ってから見てみると、より作品に対する深みが増してくる良作で...
ENTERTAINMENT

映画『ラッキー』──すべてのものは、いつかなくなる【日本人としての意見も】

 今回取り上げる映画『Lucky』は、日本では2018年に公開された作品。  サボテンが生い茂る乾いた土地を、一匹のリクガメが右から左へとゆっくり歩いてゆくオープニングから始まり、同じ場所を今度は左から右へとリクガメが歩いてゆくエンデ...
ENTERTAINMENT

映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』──結末を知ってから気付く様々なこと【検証】

 タイッサ・ファーミガ主演の映画『記憶探偵と鍵のかかった少女』は、2014年公開の作品。数年前にテレビで見たのですが、HDDに残っていたので改めて見てみました。  というのも先日、同じく録画しておいてずっと放置していたニコール・キッドマン...
ENTERTAINMENT

映画『ヴァン・ヘルシング』──3大モンスターの共演と、ここでも描かれるヴァチカンの……

 ドラキュラや狼男、フランケンシュタインにジキル博士とハイド氏などの、おなじみの怪物たちが多数登場する『ヴァン・ヘルシング』は、ヒュー・ジャックマンとケイト・ベッキンセイル主演のモンスター映画(2004年)。  この系統の作品は、大...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました