三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューが中心のエンタメ系ブログ

『ツイン・ピークス ザ・リターン』

『ツイン・ピークス ザ・リターン』にて楽しみにしていた新キャストがもう一人いたのを思い出しました

投稿日:2017年10月28日

 

 

 またかよって感じですが面白いのでツイン・ピークスネタは続けます。でもほとんどネタバレしないように書いているので今回も脇道です😎

 以前『ツイン・ピークス ザ・リターン』に登場する新キャラのなかに超俺得な女優2名がいたのですが…というボンクラ記事を書きましたが、もう一人いたことをすっかり忘れており……(ここまでくるとなにが俺得だよって話ですがw)

 私が「三崎町三丁目」で働いていた頃から好きだった日本人…と書けば出演している日本人女優が一人しかいない(モブ的に出ている人はいるのかもしれませんが)ので説明するまでもないわけですが、ツイン・ピークスワールドに飲み込まれてしまった日本人・裕木奈江さんはさて一体どこで出てくるのかなぁ~なんてぼんやり考えながら毎回見ていたところ、どこかのサイトでツイン・ピークスに関する記事があったのを読んで仰天したのと同時にまたしても自分のボンクラ加減に笑えてきたのでした。。

 

第3章でとっくに出てた😂

 

 いや、まぁ見ていて「アジア人なのかな」とは思ったし、もう覚えていないけど「あれ、もしかして…」なんて思ってたかもしれません。。。でもあれがそうだったのかよ~~っていう。つーかクレジット見れば分かるだろって話なんですけどね。

 というわけで改めて第3章を見直してみたら後に出てくること・起こることなどがこのときすでに色々と織り込まれていて面白いです。とにかく訳わかんない展開が続くので一度見ただけだと見落としていることが多いのですが、こうやって再度見てみると、Nae Yuuki登場場面で宇宙?を漂う顔がブリッグス少佐だったり(旧シリーズも見直していればセリフで誰だかある程度分かるのかもしれませんが)、ゴードンのオフィスで後ろの壁に貼ってあるデカい写真が後の問題回でのアレだったり…ということに気付いておぉっ、となります。ちなみに私は先週の第13章でカジノの3人娘のキャンディじゃない2人の名前がサンディとマンディだということをようやく知りました。どうでもいいんですが。

 裕木奈江さんの出ている映画については98年の『アートフル・ドヂャース』以来劇場で見ることがなかったんですが(アートフル・ドヂャースはなぜかポスターも買ってきてずっと持っていたものの昨年の引っ越しでついに処分してしまってやや後悔…)2011年公開のアイスランドのスラッシャー映画『レイキャビク・ホエール・ウォッチング・マサカー』に出演するという記事や、こういった連載企画も読んでいたのでこれはぜひ見に行こうと思っていました。残念ながらタイミング的に自分には無理でしたので結局行けなかったんですがきっとグラインドハウス映え(?)する映画だろうと予想しているのでいつか見なければと思っております。またご本人はflickrをやっていて毎回センスのいい写真とコメントを載せておられます。

  • この記事を書いた人

33press管理人

2012年より某地方在住。映画と音楽と雑学とスポーツ観戦が好きで、2017年下半期はツイン・ピークスの新シリーズにはまっていました。フリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナーをやってます。 びっくりするくらい将棋が弱いです。16年にDELE A2に合格。A2てw

-ENTERTAINMENT
-, ,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2018 All Rights Reserved.