三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューが中心のエンタメ系ブログ

『ジャスティス・リーグ』

©2017 Warner Bros. Entertainment All Rights Reserved.

映画『ジャスティス・リーグ』 ──いちいち横一列に並ぶドヤ感w (ネタバレ)

投稿日:2017年12月3日

映画『ジャスティス・リーグ』公式サイトより

 

 

 

 『ジャスティス・リーグ』、なんかいろいろと感想はあるんですが、マーベルとの差別化という意味ではもうこれはこれでDCのスタイルってことでいいんじゃないかという気がしてきました。

 

マーベルの親しみ易さに対して近寄り難さのDC、みたいな?

「ヒーローだけど内面の脆さとか弱さが普通の人間っぽい」と思わせるマーベルの距離の近さに対して「オレたちすげぇだろ?だってヒーローだし。苦悩はあるけど君たちとは違うよ」みたいな。

ジョークが成り立つマーベル、ジョークが笑えないDC、みたいな…。

 

でもヒーローなんだし超人だし(ひとり超と人の間に富裕が入る方がいますが)、近寄り難い神々しさがあってもいいのかなと。とにかくいちいち横一列に並ぶあのドヤ感は今後シリーズで笑える場面として定着するまで続けてほしいです。

 

 とりあえず最も懸念していた画面の暗さ問題も今回はなく(カッコよく見せたいのは解るけど画面が暗くて何やってるかわかんねぇ……というのが今まで多かったので)案外面白くてまぁアリなんじゃないの?と思いました。(何様だよw)

 

 突っ込みたいところは後にして意外と良かった点を挙げると、まず『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』でちらっとだけ出てきて、まだその背景などが語られていないキャラが3人いるのでその説明からやらなきゃいけないわけですが、そうなるとそっちに時間を取られて肝心のストーリーが寸詰まりになるのでは?という懸念はスーサイド何とかでの経験が活きたのか、割とうまく収められていたように感じました。

 あとはフラッシュの高速移動のエフェクトが格好よかったのと、格好良さという点では一番ダメそうな気がしていたアクアマンが思いのほか悪くなかったのは良かったです。ちなみに私はアクアマンが水中で話していたアトランティス人の女王メラがアンバー・ハードだったことはパンフを見て知りました(笑)

 ラスボス戦でいうと、それぞれの特徴・能力を活かして団結して敵と戦う場面の見せ方はアベンジャーズというよりはX-メンとかドラマ『HEROES』のシーズン1ラストあたりの感じに近くて嫌いではなかったです。

 

 そんな感じでしょうか……

 

 というわけで気になったところなんですが、まず新キャラの描き方でいうと、フラッシュの友達いないキャラとか若者っぽいチャラさみたいなのが、いかにも「わかってない大人が考えた若者像」みたいな感じがしてなんか好きになれなかったです。フラッシュ自体は嫌いじゃないけどキャラづけがどうにも。。。それにあのコスチュームをフラッシュが自分で作ったってのは無理があるのでは…高速移動のときの摩擦に耐える素材で、とのことだけど顔むき出しなのは大丈夫なんかい(笑)

 またサイボーグについては、元アメフトの花形クォーターバック(出ましたお約束!w)だったそうですが、アメフト感ゼロっていう(笑)。そもそも鋼鉄の身体で強くなってるから元の屈強さとか関係なさそうだし、とくにその描写もなくただネットワークに自在にアクセスできる頭脳のすごさだけが目立っていたという…

 それにサイボーグのパートでめっちゃ気になったところがあり…。清掃員?が父親に「11:30に帰るなんて今日は早いんですね」みたいな軽口をたたいてましたが、それくらいしょっちゅう顔を合わせているのに「息子さんのことは本当に気の毒でした」なんてこのタイミングで言わないでしょうに。それとも毎日それ言ってんのか?っていう(笑)。いかにも観客に設定を説明するために入れたセリフでちょっと醒めました。

 あともう何ていうか、「えーっ!?」っていうのがスーパーマン復活のところなんですが、『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』の最後、墓の上の土が浮いたってことはスーパーマンはその時点で完全に死んではいないとか、それでなくても何かしらの力で復活する能力がまだあるっていうふうに誰もが考えていたと思うんですが………

 

 

普通に死んでましたw

 

 

死んでたんかいw

 

 

っていうかっていうか。

スーパーマン生き返らすのは分かりました。

でも

 

 

箱ほったらかしwww

 

 

大事な大事な箱をほったらかしといてまた横一列に並んでんじゃねーよw

しかもみんなでほったらかしてたせいでサクッと箱取られたのに何が「これで全て奪われた」だよw

こういうのをわざとやってるんだったら逆にすごい策士だなと思います。だって観てる人みんな気になるし。

 

 とまぁそんな感じでどたばたと復活したスーパーマンが強すぎて、結局スーパーマン単独で勝てたように感じたのはたぶん気のせいですね。

 

 ところで最後のフラッシュとスーパーマンのかけっこのシーン、ああいったラストで戦友?が遊びで一戦交えるのって何かの映画でありましたよね…何だっけ。。。『ロッキー3』も似たような感じでしたけどそれよりもっと近いものがあったような🤔

 

 あとこれは前にも書きましたが「エンドクレジットで日本人の名前を探す」というのを今回もやってたら全然出てこなくて、ついに見つけられないほど動体視力が弱ったかと嘆いていたら後半にぞくぞく出てきて色んな意味で安心しました(笑)。また日本人名が出てくる前に(たしかアシスタント何とかコーディネーターとかそんな感じの肩書きだったような…)エマ・ストーンさんという方の名前が出てきて「…居るもんだなぁw」とひとりニヤッとしたのでした。すいません、それだけです。

 最後にパンフを見てたら後ろのほうに出ていた、スーパーマン戦で着ていた硬質バットマン(アーマードバットマンというらしい)のフィギュアがめちゃめちゃかわいかったです。あの硬質バットマン好きなんですよねー。戦闘能力的には意味が全くなさそうなのに目を光らせてるのがたまらないw

 

 


 


ハズブロレプリカ マーベル・レジェンド / アイアンマン エレクトロニック ヘルメット

  • この記事を書いた人

33press管理人

2012年より某地方在住。映画と音楽と雑学とスポーツ観戦が好きで、2017年下半期はツイン・ピークスの新シリーズにはまっていました。フリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナーをやってます。 びっくりするくらい将棋が弱いです。16年にDELE A2に合格。A2てw

-ENTERTAINMENT
-, , , , , , , , ,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2018 All Rights Reserved.