三崎町三丁目通信

映画・海外ドラマのレビューが中心のエンタメ系ブログ

©2017 Sanlih E-Television All Rights Reserved.

映画『若葉のころ』──30年後にようやく受け取ったものとは

投稿日:2018年6月15日

 

 台湾の青春映画にまたひとつ「これは間違いない」という名作が誕生しました。

…といっても新作として見たわけではないので、今さら「誕生しました」というのも変な話ではありますが。

 

 2002年の『藍色夏恋』や、2011年の『あの頃、君を追いかけた』あたりが好きな方でしたら、きっと大好きになるであろう作品がこちら。2015年制作(日本での公開は2016年)の『若葉のころ』

 

 原題は『五月一号』、英題は『First of May』で、ビージーズの名曲『First of May(若葉のころ)』をメインテーマに、1982年の台北を舞台に17歳の高校生男女、リン・クーミンワン・レイの瑞々しくて少し切ない恋愛を、そして現在(2013年)の二人と、ワン・レイの生き写しのような一人娘・バイの物語が同時進行で描かれ、やがてその二つの物語が交差し繋がってゆく──という作品です。

 

 劇場公開時に観られなかったので、今回もHuluにて視聴しました。当初は2週間のお試し期間だけで解約するつもりでしたが、なんだかんだで見たかった映画がいくつも出てきて結局継続してたりします(笑)。そのうちNETFLIXとうまく使い分けていこうかなと…

 

 

 

 

監督とキャストについて

 

 今作は「アジアMV(ミュージックビデオ)界の俊英」といわれるジョウ・グータイ監督による初の長編映画で、短いカットの中にも叙情性を感じるような美しい映像がちりばめられており、「なるほどそう言われてみればMVっぽいかも」と思わせる、なんとも奇麗で印象深い撮り方が特徴です。

 バイが父親と日本料理の店で食事するシーンで、二人のセリフのバックで庭園の池に水が流れ落ちるスローの固定映像であったり、バスのシーンのあと、雨が止んだ後の空や水たまりに落ちる雫、人物を撮るときの光の使い方や、回想シーンでのスローモーション、屋上から没収されたレコードをフリスビーのように次々と投げるシーン、そしてメインビジュアルにもなっている、82年のワン・レイと親友の“お菓子”ちゃんが風にたなびくスカートを押さえる場面やエンドロールでの長回しなど、曲の背景でその物語性を映像だけで語るMVでの経験が存分に活かされているように感じました。

 

 1982年のワン・レイと、その娘である2013年(現在)のバイを、一人二役で演じた主演のルゥルゥ・チェン。日本のドラマの台湾リメイク版に立て続けに出演して人気のようです。一人二役ということで当然どちらも可愛いのですが、82年版ワン・レイのまぁそれはそれは可愛いこと可憐なこと。こういった2つの時代のヒロインを同じ人が演じる場合、どうしても昔のほうが見た目がやや野暮ったく描かれる傾向にありますが(実際に今と比べたらそりゃ垢抜けてないんだから仕方ないのでしょうが)、今作では完全に82年のルゥルゥちゃんの勝ちです。おかっぱ頭をこれほど可愛く思える日が来ようとは(笑)。

 よく見ると82年のワン・レイのほうがメイクがはっきりしているので、その違いもあるのかもしれません。それ以外にもお母さんワン・レイに寄せるためか、とある箇所でバイとは違う部分に気付いてしまったんですが、ここでは書きません(笑)。

 

©2017 Sanlih E-Television All Rights Reserved.

 

 現代のリン・クーミン役のリッチー・レン氏は、おそらく撮影当時の年齢が今の私と同じくらいなので(んなこと誰も知らないって)、まぁ年相応の見た目かなという感じで、超個人的な同性の目線からの感想は「悪くはないけどハンサムでもない」という印象なのですが、82年版リン・クーミンがめちゃめちゃイケメンなのでちょっとアレ?っていう…。現代のイエ(バイのことが好きな男友達)も悪くないんですが、男女ともに82年のほうが美しいという結果に(※個人の感想です)。

 それに対して現代のワン・レイ役のアリッサ・チアは、2003年に英国の男性雑誌「FHN」にて「アジアで最もセクシーな女優」に選ばれたというのも納得の美しさです。

 そして映画を見ていて「おや?」と気になったのが、バイの親友ウエンを演じたタレ目が特徴的なシャオ・ユーウェイ。もしかして…と思って調べてみたらやっぱり。ちょうど今「ホームドラマch」で放送されている台湾ドラマ『華麗なるスパイス』の主演女優ではないですか。今作ではおじゃま虫的な役どころでしたが人気のある女優さんだったんですね。

 というか今作での役柄も、主人公バイの立場から見れば“親友を裏切った子”という扱いなのかもしれませんが、彼女にしてみれば親友と同じ男の子を好きになってしまっただけであり、それについて協定を結んだわけでもなければ、そもそも「裏切った」わけでもありません。さらに言えば父親が浮気をしていることを知って、バイとはまた違う理由で心を痛めている一人の17歳の高校生、というだけなんですよね。まぁそこが理解されず関係が複雑になってしまうところが若さというものなのでしょうけれど。

 

©2017 Sanlih E-Television All Rights Reserved.

 

 

82年の台湾・台北

 

 17歳のリン・クーミンとワン・レイが生きた82年という時代、台湾ではまだ戒厳令が解かれていない頃ではありますが(解除されたのは87年)、ほぼ同じ時期の80年代前半~半ば頃が舞台となっているエドワード・ヤン監督『台北ストーリー』『恐怖分子』での台湾・台北の様子からしても、日本の80年代前半とそう大きくは変わらない社会・生活様式のように見受けられます。

 もちろん、生徒は軍服のような制服を着ていますし(女子が軍服風の制服のときと白ワイシャツ&黒or紺スカートの制服を着分けるのはどういう理由?という疑問が…)、表彰の際には敬礼をすることや、退学した後の身の振り方として兵役という選択肢があることなど、大きく違う部分もありますが。生徒が持ってきた弁当箱をぬくぬくに保管しておく「弁当保管室」なる場所があるのが斬新だなぁと思ったんですが、日本でも同じシステムを持った学校はあったんでしょうかね。

 

 また、映画でよく見る台湾の学校は(昭和世代の)日本人である自分が見ると、造りに特徴があるように感じます。

 先にも書いた『藍色夏恋』『あの頃、君を追いかけた』以外だと、例えば『牯嶺街少年殺人事件』の舞台となっている学校も、同じように中庭とかコートを囲むような造りで、そして通路のごつい柱なんかが日本の公立校の校舎とは違っていて趣があります。『牯嶺街~』は60年代の物語ですが、台湾の歴史を考えると、同じ時期に同じような造りの建築物がたくさん建てられたのだろうなということが予想されます。

 ちなみに今作での学園祭のシーン(2013年)で、ステージの後ろに「開校50周年」的なことが書いてあったのでやはりここも60年代に出来た学校のようです。まぁそんなこと知ってどうすんだよって話ですが(笑)

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人

三崎町三丁目通信主筆・K

ブレラン2049っぽいのか007っぽいのかわかりませんが1文字にしてみました。三崎町三丁目通信の主筆(一人しかいませんがw)をしておりますKでございます。本業はフリーランスのグラフィック&エディトリアルデザイナー。びっくりするくらい将棋が弱いです。

-ENTERTAINMENT
-,

Copyright© 三崎町三丁目通信 , 2018 All Rights Reserved.